【世論調査】「憲法改正」期待する28%期待しない57%「自民草案で憲法議論」支持する46.6%支持しない37.0%「生前退位よいと思う」90.9

公開日: : 政治経済

yyt

スポンサーリンク

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

憲法改正優先して欲しいも5.4%ですから、ほとんどの人は憲法なんて改正してもらわなくてもいいと思ってることは間違いなさそうです。とりあえずは「現行憲法」でオッケーというのが民意でしょう。

そして、ここでも「自民草案」を読んでない人が多数というのが推測される結果が出てます。「自民草案」読んでない人は絶対に読みましょう。

「生前退位よいと思う」90.9%という数字もなんか怖いです。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. まる子 より:

    内田樹さんがNational Reviewを訳して下さいました。
    「ファシズムに向かう日本」

    http://blog.tatsuru.com/

    アメリカに指摘されるまでもなく
    日本国民は、自分たちの手で民主主義を守らなくては・・・!
    自民党ファシズム政権は日本にはいらない。

    (こちらがオリジナルです。)
    http://www.nationalreview.com/article/437950/japans-new-fascism

  2. にわか勉強 より:

    浦部法穂の「大人のための憲法理論入門」より抜粋すると。
    「憲法の改正」とは、現行憲法を前提としてその条項に変更を加えることである。http://www.jicl.jp/urabe/otona/20141208.html

    また浦部先生は、「国会は両院の3分の2以上の賛成があればどのような改正も発議できる、というのは、現行憲法下では成り立たない。
    国会を構成する国会議員には「憲法尊重擁護義務」が課せられている(99条)。このことから言えることは、国会の憲法改正発議権は「憲法尊重擁護義務」の範囲内でのみ認められているものだ、ということである」とも。

    これらのことから、自民党草案をベースに議論するのは、いつものごまかしの手に乗っかってしまい、国民投票で残念な結果を招くのではないかと危惧します。

  3. 匿名 より:

    自民党改憲案が議論されて一番困るのは自民党なんじゃね?
    あんなもんが明るみに出たら、自民党の本性が中共や朝鮮労働党と変わらないのがバレちゃうだろ

  4. にわか勉強 より:

    この世論調査の質問に、自民党草案を読んだことがあるか?という質問がない。
    ここをはっきりしてから、すなわち読んだという人に対して次の段階である、「この草案を議論のスタートとしながら、、、」の問いに答えてもらいたい。
    質問の仕方でその示す数字に意味がなくなるので解析時には要注意。

  5. 匿名 より:

    憲法遵守義務が何なのか知らない議員は辞任だよ。平和憲法が守られてきた国で「普通の国の様に軍を持ち血を流すべき」と言うのは本末転倒。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑