【これで終わりじゃない】SEALDsが解散と同時にヒップホップソング「TO BE」を発表!新たなヒップホップのクラシックとなるか

公開日: : 政治経済

ffe

スポンサーリンク

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160815-00010001-kaiyou-ent
8月15日(月)、SEALDs(自由と民主主義のための学生緊急行動)が解散した。

同時に、特設サイトとYouTubeにて楽曲「TO BE」を発表。SEALDsのメンバーでありラッパーであるUCDさんがメロウなトラックに、これまで安全保障関連法に反対してきたSEALDsの思想や立場を表明した曲となっている。

MVやそのリリック、声明文からも、解散にあたって終戦記念日を強く意識していることも随所に見られる。新たなヒップホップのクラシックとなるか、要注目だ。

SEALDs “TO BE”

http://www.asahi.com/articles/ASJ8J36PNJ8JUTIL00P.html
中には「みんなで活動していきたかったので、本当は解散したくない」との思いを打ち明ける女性も。ただ、多くのメンバーが「これで終わりじゃない」と口をそろえた。「また路上や駅前で活動していく」「孤独に思考していく」。今後もそれぞれができることをしていく決意を語った。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

それにしてもシールズはよく叩かれましたな。それでも叩かれるという事はそれだけ注目度が高い・存在感があるということですからね。というかむしろ敢えて叩かせて、炎上狙いしている感じもします。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 名無しのK-POPファン より:

    私はシールズの活動は大変良かったと思うし、
    敬服に値すると思う。
    なぜネットでは9割9分が叩きなのかが
    本当に理解できない。
    黙ってて安倍の思うがままに事が進んだ方がいいとでもいうのか?

  2. 芋っち より:

    ありがとうシールズ。

  3. 匿名 より:

    私も1の方と同じ

  4. 匿名 より:

    若者の代弁者といいながら若者がついてこなかったからかな?

  5. 匿名 より:

    記事トップ画像左端の男がゲームのカード落としちゃった人に似てる

  6. 匿名 より:

    SEALsの解散曲、正直に言ってめちゃくちゃダサかった。
    あとは特にないかな。どうせ名前変えてまたしれっと活動再開しそうだし。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑