【選挙】香港で急進的な反中勢力「本土派」が議席を伸ばす。中国政府とのあつれきが一段と高まる可能性

公開日: : 海外 ,

CrmQ0q5VUAAjpgL

スポンサーリンク

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/09/post-5778.php
香港で4日に投票が行われた立法会(議会、定数70)選挙では、急進的な反中勢力「本土派」が複数の議席を獲得した。中国政府とのあつれきが一段と高まる可能性がある。

また、従来の民主派に「本土派」も含めた民主派勢力全体では、重要法案や公的予算について否決できる3分の1超の議席を維持した。

 選挙制度の民主化を求めた2014年の大規模デモ「雨傘運動」を経て、多くの若者が中国への不満を強めているとされる。今回の選挙でも新世代が躍進し、一部のベテラン民主派議員は落選の憂き目を見た。

 「雨傘運動」の指導者の1人であるネイサン・ロー氏も当選した。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

香港では中国への不満が強まっているのですね。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    この流れでいくと、もしかしたら中国から独立するなんてことになるのかな?

  2. もこり より:

    中国でも日本でも、権力は必ず腐敗する。その腐敗した権力にかぶれたネトウヨごときが活性化してるようでは、日本の民主化は先が長いな。

  3. 匿名 より:

    普通は民主主義を一回手に入れたら絶対に手放そうとしないし
    独裁を目指しそうな権力者が出てきたら叩かれる。
    だから香港の反応はいたってマトモ
    日本のようにファシズムの地獄を見たのに戦前に全力で回帰するのは、世界史に乗るレベルの超馬鹿行為。
    まさに土人としか言いようがない

    • 芋っち より:

      ホントにその通りだね(泣)。

      • 芋っち より:

        何が大切な守るべきものか、ということが分かっていない。
        これこそまさに「平和ボケ」じゃないか(怒)
        いまの民主主義を失ったら、暗黒の時代がやって来るんだぞっ!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑