”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ🐾

【大問題】15~39歳の「引きこもり」全国で54万人。2010年調査から15万人減るが、「長期化・高年齢化」の傾向が強く、40歳以上の実態はつかめず。

投稿日:2016/09/07/ 04:31 更新日:

引きこもり-心理-原因-対策方法

スポンサーリンク

http://www.sankei.com/life/news/160907/lif1609070018-n2.html
内閣府は7日、仕事や学校に行かず、6カ月以上にわたり、家族以外とほとんど交流せずに自宅にいる15~39歳の「引きこもり」の人が、全国で推計54万1千人に上るとの調査結果を公表した。調査は2010年に続き2度目。

10年の前回調査に比べ約15万人減ったが、依然として50万人を超える高水準。引きこもりの期間は「7年以上」が約35%と最も多く、35歳以上が倍増するなど「長期化・高年齢化」の傾向が顕著になった。40歳以上を含めたより詳細な実態把握が必要だ。

前回調査では、引きこもりの人は推計69万6千人だった。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201609/CK2016090702000244.html
内閣府の調査は、深刻化する引きこもりの実態をあらためて浮き彫りにした。その一方で、対象は十五~三十九歳に限定されている。専門家によれば、引きこもりは現在、長期化、高年齢化しており、四十歳以上を含む全体像が明らかではない。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

https://www.sasebo.ac.jp/~makino/topics01/jinko_piramid01.html

piramid2010

グラフをパッと見た感じで6年前よりも15~39歳の人口が400万人ぐらい減ってますから、15~39歳の引きこもりの総数が減ったかどうかも定かじゃありませんね。

35歳以上が倍増というのは非常に気になる数字です。国は早急に「引きこもり」の人を自立させなければなりません(自立してるヒッキーは問題なし)。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-政治経済, 社会問題
-

Copyright© 健康になるためのブログ🐾 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.