”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ

【サプライズ】民進新幹事長に野田前首相「野党共闘不可欠」「蓮の花を下で支えるレンコンになったつもりで、徹底して下支えする」

投稿日:2016/09/16/ 06:41 更新日:

ttfre

http://this.kiji.is/149421836670369796
民進党の蓮舫代表は16日、党本部で開いた両院議員総会で、新執行部の幹事長に野田佳彦前首相を起用する人事を提案、承認された。首相経験者を党の実務を取り仕切る幹事長に充てるのは異例。野田幹事長は10月の衆院東京10区、福岡6区両補欠選挙での野党共闘に関し、党本部で記者団に「強い自民、公明両党の連合軍と戦うには野党間の連携は不可欠だ」と述べた。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160916/k10010689031000.html
野田氏は、「自分の政治人生の落とし前をつけるつもりで、火中の栗を拾う決断をした。蓮の花を下で支えるレンコンになったつもりで、徹底して下支えする決意だ」と述べました。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

幹事長は枝野・安住だったらヤバイなんて言ってた自分が恥ずかしくなりますね。ほかの人事がどうなるかわかりませんが、とりあえず幹事長人事としては党内・党外に対して最悪なイメージを与える人事なのではないでしょうか。

まあ、実際は蓮舫氏が所属するグループの長である野田氏が幹事長になるという超内向きな人事ですよね。それ以外に、民進党が下野した時の象徴である野田氏を起用する理由が見つかりません。

あとは、今までの民進党路線を基本的には継続していくということでしょうか。党内からは失望の声も出ているようですね。民進党内がどうなっているかはわかりませんが、野田幹事長でまとまっていくことができるのでしょうか?

「離党者」なんてのも出てくるんですかね?ある意味注目です。

追記:党運営はいきなり赤信号みたいですね・・

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160916-00000112-mai-pol
役員人事は一気に発表するのが通例だが、「野田幹事長」への反発などで人選が進まず、以前からの「ばらばら」批判の克服が党運営の課題として早速浮き彫りになった。

「若干少ない気もするが、賛成多数と理解する」。16日の両院議員総会で、幹事長人事承認を求めた司会の赤松広隆元農相は、まばらな拍手に苦しい司会進行を迫られた。出席議員は衆院41人、参院19人だけで国会議員の半分以下。委任状提出者は67人に上った。

党内には「野田氏は『戦犯』だ。蓮舫氏には人事センスがない」(閣僚経験者)と疑問が広がり、野田氏起用は挙党態勢の支障になりかねない。代表選で蓮舫氏の推薦人となった細野豪志元環境相と赤松氏が個別に蓮舫氏に再考を促したが、蓮舫氏は譲らなかった。

 野田氏は蓮舫氏所属のグループのトップ。台湾籍への対応の不手際で不安定な船出となる中、「幹事長は本当に代表を守ってくれる人でないと不安」(党関係者)という事情を持つ蓮舫氏が頼った側面もある。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-政治経済
-,

Copyright© 健康になるためのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.