【血湧き肉踊る話】「山本太郎となかまたち」が次期衆院選・関東ブロックに候補者擁立の意向!1人は当選可能か!?

公開日: : 政治経済 ,

top-0616-a

スポンサーリンク

http://ameblo.jp/yamamototaro1124/entry-12209007173.html

「生活の党と山本太郎となかまたち」の党名が変わります。

これからは「自由党」として、皆様のお役に立てるよう精進して参ります。

一方で、「山本太郎となかまたち」は消滅する訳ではありません。

投票率6割にも満たない中、同じパイを政党同士で奪い合う現在。

投票に行っていない4割近い人々、いわゆる無党派、無関心層の受け皿は存在しません。

 そこにリーチする役割を、「山本太郎となかまたち」に担わせて戴きたく、

独自に候補者を擁立する決意を固めました。

議員山本太郎自身は、自由党から抜ける訳ではありません。

「山本太郎となかまたち」という団体から候補者を出し、

衆院選の比例ブロックにチャレンジ。

各比例ブロックの定数の2割を立候補させれば、挑戦出来る仕組みを利用したものです。

自由党 小沢一郎代表からも、面白いアイデアだ、と賛同戴きました。

当選後は自由党と力を合わせていきます。

来年冒頭解散、2月に選挙とも噂されていますが、

「山本太郎となかまたち」は最大で3つのブロックで候補者を擁立したいと考えます。

その為には、

比例東京ブロックは4人擁立が必要。

比例南関東ブロック(神奈川・千葉・山梨)は5人擁立が必要。

比例北関東ブロック(埼玉・栃木・群馬)は4人擁立が必要。

2014年の総選挙、選挙比例東京ブロックでは、1議席獲得に必要な票数は27万。

東京に関して言えば、実現不可能ではない、と考えます。

比例南関東ブロックでは、1議席獲得に必要な票数は25万。

比例北関東ブロックでは、1議席獲得に必要な票数は23万。

この3つの比例ブロックで挑戦すると、供託金だけで7800万円。

選挙費用、深夜のTVコマーシャルなど含むと、最低でも2億円は必要になります。

もし、その金額にまで届かない場合には、立候補の規模を縮小して挑戦します。

自分たちの資金と、皆さんからの寄付金を合わせて2億円にまで届けば、

3つのブロックからの立候補と、TVコマーシャルへのアプローチが可能に。

あなたの声が届くと感じられる、個性と多様性溢れる候補者たちが決定次第、

皆様にお知らせいたします。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

久々に興奮する話題です。どうしますか3人とか当選しちゃったら。「太郎政党」ができちゃうかもですよ。

もう今からスグに集票・寄付を呼びかけましょう!

前向きに動けるのはありがたいことです。

追伸:M宅Y平氏は出馬してくれるのでしょうか?彼が出るのと出ないのとでは票数が変わると思います。M宅Y平氏に否定的な人も多いようですが、果たして自民・公明・維新などの議員よりも彼のほうがダメなのでしょうか?民進党の議員よりも彼の方がダメなのでしょうか?という視点も大事かと思います。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    三宅は裏切り者だ、必要ない

  2. 匿名 より:

    三宅がどう言う意味で裏切り者かわからない、奴は必要だ

  3. 匿名 より:

    ああ、安倍と志を同じくする国士(笑)の三宅君とかいたね
    オリンピックを日本民族が一つになるための祭典とかも言ってたね
    いやー、山本太郎がどうなるか楽しみだね。極右化するかどうか
    仮に三宅を擁立するようなら完全に終わりだ

  4. 匿名 より:

    九州でも擁立してほしいなぁ。
    人に頼ってばかりじゃダメですが。。

  5. umauma より:

    資金カンパします。

  6. ホモっち より:

    ※山太郎ご自慢のYO平はサヨさんの都合上存在が無かった事になりました

  7. 芋っち より:

    カンパします!
    洋平はどうするかね?
    わしはキライだ。
    まずヒゲを剃れよ。見た目も大切なのさ。

  8. 匿名 より:

    太郎は応援するけど三宅はどうもねぇ…

    • 匿名 より:

      昭恵にあれだけ取り入っても晋三がアレですし。
      いい加減目を覚ませってところですよね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑