【必読】日銀とGPIF(年金運用機関)が日本株を”爆買い”してもなぜ株価は上がらないのか?

公開日: : 政治経済 ,

ggftrr

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161012-00000009-pseven-bus_all
経済は生き物であると言われる。政府が景気浮揚のために策を尽くしても、思い通りにならないことも多い。では、経済はどのようなメカニズムで動いているのか。いま何が起きているのか。新聞ではわからないそんな疑問に、大前研一氏が答える。今回の疑問は、「日本銀行やGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が日本株を買いまくっているのに、なぜ株価は上がらないのか?」「両者の日本株買いは、本質的にはどういう意味を持つのか?」である。

 * * *
 最近の株式市場でよく報じられるキーワードは「底堅さ」だ。日経平均株価(日経225)は7月に1万6000円割れしても下値を掘ることなく、1万7000円台を回復。その後、再び下落したものの1万6000円台前後を行き来する展開が続いてきた。極端な底割れリスクが低くなったことから「底堅い」と言われているのだ。

 その背景にあるのが、日本銀行とGPIFによる事実上のPKO(Price Keeping Operation=株価維持策)だ。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

この記事はよくまとまっていてわかりやすいです。株とか日銀とかGPIFとか「なんのこっちゃ」という人にもオススメです。アベノミクスというものによって日本がどうなっているのかがよくわかります(超危機的)。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    公的資金で株価を支えるなんて、普段ネトウヨがバカにしてる中国みたいですね(笑)
    ま、中国と日本じゃあ資金力に差があり過ぎるから、日本が先にギブアップするだろう
    そして日本株は暴落、年金も消滅と

  2. 芋っち より:

    元記事読んでみました。
    2さん、中国でもロシアでも成功しておらんよ (;_;)

    > 公的マネーによる「官製相場」は、これまで世界でも成功例がほとんどない。たとえば中国は、政府が株式投資に対する税制上の優遇措置や年金基金による株式投資比率の拡大、大量の空売りをした業者の摘発といった様々な対策を講じて株価を維持しようとしてきたが、すべて裏目に出た。

    > ロシアの場合も、世界中で鉱物やエネルギーなどの資源関連株が暴落している時に、天然ガスのガスプロムや石油のロスネフチといった巨大国営企業の株を政府が買い支えようとしたが、全くうまくいかなかった。

    > このところ日本の企業や銀行や生命保険会社は、日銀とGPIFのPKOに乗じて株式の持ち合い解消をどんどん進めているが、これはいわばババ抜きのババを、日銀とGPIFが喜んで集めているようなものである。

    そして、自分たちだけ売り抜け、安全地帯に逃げ込もうとしている生保、銀行、大企業・・・

    ババを押し付けられるのは国民だ。
    国債の暴落に対し、手当する方法はない、とも。
    年金消滅の危機がリアルに感じられる。
    どうする?!!!!

    • 匿名 より:

      どうするって、そりゃあ海外へ資産を移すくらいしか手がないんじゃ…
      日本の円、株、国債なんか持ってたら破産だよ
      不動産も処分しないとね…

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑