【S・A・G・A】「ふるさと納税」で税収が潤ったから議員に手当て?⇒ふるさと納税寄付者から苦情殺到で即撤回!

公開日: : 政治経済, 社会問題 ,

cz8rb_tukaa0i-x

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161216-00010006-saga-l41
佐賀県三養基郡上峰町議会(寺崎太彦議長、10人)は最終日の16日、町執行部との事前協議がなかったとして、1日2千円の議員への費用弁償を再開させる条例改正案を撤回した。議員が財政改善を再開理由にしていたことを巡り、町へのふるさと納税寄付者から苦情が殺到し、撤回に追い込まれた格好だ。

町には同日夕までに計100件を超える苦情があった。寺崎議長は取材に「ふるさと納税の寄付を財源に充てるという考えはなかったが、抗議の電話もかなりあり、私も対応した。重く受け止めている」と寄付者からの苦情も踏まえた撤回だったことを明かし、「今後の費用弁償復活は困難」との考えを示した。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。





この苦境の時代に1日2千円もの手当てを復活させようとするなんて、どんだけ不埒な輩たちなんでしょう。しかも「ふるさと納税」を財源に見込んでたのは、しらばっくれてますが間違いないでしょう。「今だけ、金だけ、自分だけ」恐ろしい。

Saga 佐賀県 はなわ Hanawa Song(HD)

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 鈴木宗夫 より:

    数日前、ふるさと納税20億円が議員の懐に(情報速報ドットコム)、の見出しがアップされていたが、議員の手当て2,000円(交通費)復活だった。何だか見出しで煽る感否めない、この程度はいいんじゃないの、誰だって会社のため交通費自己負担する人いないでしょう、彼女多分真面目な人だよ。

    • 匿名 より:

      な~にが真面目なんだか
      寄付で潤って余裕が出たからであって、議員の努力じゃないだろ
      議員は何にもやってない
      会社だって、社員の努力の結果が給料に反映されるっての

  2. 匿名 より:

    油断もスキもない奴らだな。
    こういった議員の「お手盛り」行為は市町村から国政まで、いたるところで行われているに違いない。
    住民がよっく見てなきゃいかんのだが、議会の傍聴も行かないし、広報もまともに読んでいない。
    反省します。

  3. 匿名 より:

    代議士の秘書を永年務めた人に、地方議会議員になる事を勧められた事があるが、議会の開かれる日数も少なく短い稼働率で安定した収入を得られるいい仕事だから絶対やった方がいいということだった。話に乗ることはなかったが。
    地方議会では議員提案など殆どなく、質問に立つことすらなくいろいろな行事に顔を出すことと選挙だけが仕事の議員が数多くいる。
    被災した福島では、首長や議員たちは自治体を維持して自分達の職を失わないよう、汚染地域に町民を戻すことに必死だ。
    今一度、身近な地方議会をチェックしてその有り様を知る事が重要だと思う。
    でなければ、貴重な税金から、たいした仕事もしない議員達に特権階級と高給をくれてやって無駄遣いしてるだけになる。
    町村議会議員なら、立候補する敷居も低いそうなので、志ある人は内部に入って改革するのも有りかも。
    もっとも田舎では持ちつ持たれつで未だに金をばら撒く選挙をしている所もあるので、一般市民の意識が変わらなければ何ともならないが。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑