大前研一氏が安倍外交を酷評「アメリカへの土下座外交、朝貢外交に転じた」

公開日: : 政治経済

838b1c529ece233f90b9f3bab8e9cf6c

http://news.livedoor.com/article/detail/12498879/
それに対して安倍首相はどうか? 私に語っていた憲法改正への決意は、2014年の衆議院選挙と昨年の参議院選挙で「改憲勢力」が3分の2以上の議席を獲得したことで一気に前進するかと思われた。参院選後の新聞各紙も「改憲勢力が3分の2議席を獲得し、国会で改憲を発議する要件が整った」などと伝えたが、細かく比較してみると、微妙に表現が違っていた。

 現実には安倍流の改憲(自民党の改憲草案)に対する国民の本能的な反感を察知して時期尚早と判断したのか、改憲論議については参院選から半年過ぎても、事実上“放置”している。

 その一方では「大胆な金融政策」「機動的な財政政策」「投資を喚起する成長戦略」というアベノミクス「3本の矢」についてきちんと総括しないまま、「1億総活躍社会」なるものを実現するための「強い経済」「夢をつむぐ子育て支援」「安心につながる社会保障」という「新3本の矢」を発表した。その時の相手関係や世論の空気を読みながら、昨日までのことは忘れて今日求められたことを厚顔無恥に言ってのけ、結果については頓着しない。

 だから、その主張には一貫性がなく、まるでカジノのルーレットのように、投げた玉が止まるまで、当たりと外れのどちらに転ぶかわからないのである。

 たとえば、当初、安倍首相は「戦後レジームからの脱却」を標榜し、アメリカを慌てさせた。アメリカが作った戦後秩序を見直し、第二次世界大戦の戦犯を裁いた極東国際軍事裁判(東京裁判)についても「勝者の判断によって断罪された」との見解を披瀝したのである。

 ところが、それで警戒したアメリカに冷たくされて二進も三進もいかなくなったら、結局、アメリカ議会で「日本にとって、アメリカとの出会いとは、すなわち民主主義との遭遇でした」「戦後世界の平和と安全は、アメリカのリーダーシップなくして、あり得ませんでした」などと歯の浮くような演説を行ない、戦後レジームからの脱却どころかアメリカべったりの土下座外交、朝貢外交に転じてしまった。

 その延長線上に出てきたのがハワイ真珠湾訪問であり、今や日米関係はイコールパートナーではなく、日本がアメリカに隷従する中曽根政権以前の時代に戻ったのである。

 しかも安倍首相は、アメリカの力を背景に強硬姿勢で中国に対峙していくという新しいパワーバランスのかたちを作ろうとしている。これは、いくら反日・嫌日であっても中国とはまろやかに付き合っていく、という従来の田中角栄的なアプローチとは正反対のやり方であり、対中関係がいっそう悪化するのは火を見るより明らかだ。

 たしかに今の中国におもねる必要はないと思うが、次期アメリカ大統領のトランプ氏がこれまでの対中政策をひっくり返そうとしている中では、火に油を注ぐ展開にもなりかねない。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

「転じた」というよりも、最初の頃に使ってた国内向けの「ポーズ」を取らなくなったということではないでしょうか。「ポーズ」取らなくても、メディアが無理やり「ポーズ」つけてくれますからね。普通に見れば、もう最近は「従米ポチ」丸出しです。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    大前研一の発言の最初のほう、
    「中曽根はレーガンとロン・ヤス外交で対等な関係を築いた」
    って、ウソだろ。
    あとは概ね合ってるけどさ。
    クソ安倍め、さっさと辞めろ!!

  2. 匿名 より:

    > 普通に見れば、もう最近は「従米ポチ」丸出しです。(by MR. K)

    国民は、気付かないんかね?
    アホン人だからか。
    しかも「従米」のみならず、こないだなんか「従露」にもなってたぞ。
    気付かないのか?
    アホン人だから。

  3. 匿名 より:

    説得力も説明力も責任力もきちんと身につかないまま運と大嘘で総理出来るんだから日本の総理大臣なんて面目ない反省もないあんなのただの将来性のないアホ詐欺師かアホギャンブラーだよ

    アホん人でもわかるよ

  4. 匿名 より:

    (何を今更)

  5. 匿名 より:

    正月里帰りして、親戚の若い子たちの話を聞いたが、多くの人はいい加減、アベがアホだという事に気付いている。
    しかしテレビの世界ではいつまでたってもそうでない事になっている。
    そりゃ、若い人はテレビ見なくなるわ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑