【驚愕】人体から新たな「臓器」が見つかる

公開日: : 医療・病気関連ニュース

body_naizou

http://gigazine.net/news/20170104-brand-new-human-organ/
科学がめざましい進歩を遂げるなか、すでによく知られているはずの人間の体内で新たな「発見」がありました。これまで腸を支えるための単純な構造だと考えられていた部分が、研究によって「消化器系の臓器」であることが判明。これによって、腹部の病気の原因解明が進む可能性があるとのことです。

今回「新しい臓器」として分類されたのは、「腸間膜」というもの。腸間膜は腹腔の背中側の壁にくっついていない部分の臓器を、後腹壁につなぎ止めている膜のことで、構造的には二重層となっています。私たちの腸は腸間膜があるために正しい位置に保持されるわけです。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

「科学はスゴイものですが、扱う人間が未熟なので、気をつけなければいけないよ」という話でしょうか(全然違う?)

それにしても、まだ臓器に関してこんな発見があるとはねぇ。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    胃下垂の人はその臓器が弱いのかな?w

  2. 匿名 より:

    > 腸間膜が「他の臓器と分離した構造」ではなく、「他の臓器と連続した構造」であること

    ↑ ↑ 元記事読みましたけど、このあたりもう少し詳しい解説が欲しかったですね。
    腸間膜は、機能性胃腸障害には関係していそうです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑