【日本人だけが知らない・・】日本の野菜は汚染野菜?訪日外国人は日本の野菜を食べない?

【日本人だけが知らない・・】日本の野菜は汚染野菜?訪日外国人は日本の野菜を食べない?

公開日: : 農薬 ,

化学肥料農薬
2006年までは、単位面積当たりの農薬使用量が世界1位だったんです。

日本人だけが知らない!日本の野菜は海外で「汚染物」扱いされている
このような事件がその後も多発したために、ヨーロッパでは硝酸態窒素に対して厳しい規制があり、EUの基準値は現在およそ3000ppmと決められています。それを超える野菜は市場に出してはならない。汚染野菜として扱われるのです。

ところが日本にはその基準がなく野放し。農林水産省が不問に付しているからです。

スーパーで売られているチンゲンサイを調べたら硝酸態窒素、いくらあったと思いますか? 1万6000ppmですよ! 米はどうか? 最低でも1万2000ppm。高いほうは……とんでもない数値でした。ここには書けません。皆さん、パニックになってしまうから。

農薬も問題です。日本は、農薬の使用量がとりわけ高い。平成22(2010)年までのデータによると上から中国、日本、韓国、オランダ、イタリア、フランスの順で、単位面積あたりの農薬使用量は、アメリカの約7倍もあります。

残留農薬のある野菜を食べ続けると体内に蓄積されていって、めまいや吐き気、皮膚のかぶれや発熱を引き起こすなど、人体に悪影響を及ぼすとされています。日本の食材は世界から見ると信頼度は非常に低く、下の下、問題外。

もう日本人だけなのです。日本の食材が安全だと思っているのは。

ヨーロッパの知り合いから聞いた話ですが、日本に渡航する際、このようなパンフレットを渡されたそうです。

「日本へ旅行する皆さんへ。日本は農薬の使用量が極めて多いので、旅行した際にはできるだけ野菜を食べないようにしてください。あなたの健康を害するおそれがあります」

震える思いでいたら、一人の若者がさらにこう加えたのです。

「2020年は東京でオリンピックが開催されますね。けれど選手団のために自国の野菜を持って行ったほうがいいのではないかと、皆で話し合っているんです」

アベノミクスの「三本の矢」の一つ、成長戦略のなかに農業が位置づけられているわけですが、まさに東京オリンピックが開催される2020年までに農林水産物の輸出倍増をうたい、1兆円規模に拡大すると言っています。

けれど硝酸態窒素の例を見ても明らかなように、現状では日本の農産物は「汚染野菜」とされて海外に輸出できないものがとても多いのです。


以下ネットの反応。

信じたくない話ではありますが、農薬・化学肥料の使用量が世界トップクラスというのは厳然たる事実です。

僕の親類は農家をやってる人がいるんですが、自分達が食べる野菜は別に作っているそうです・・

そして、これにプラスして「放射能」(どのぐらい汚染されているかは別としても、他国の野菜に比べれば汚染度が高いのは間違いない)ですからね。

お財布の許す範囲で「まともな食材」を探すべきかなと、僕は思います(最近また特に)。

 

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    野菜作りで連作障害などで悩んでいます。
    野菜や果物作りって大変なんですよね。ナスは連作すると青枯れ病で全滅。カブは根こぶ病で全滅。トマトは精魂込めて作ったらカラスが「僕たちのために育ててくれてありがとう」と食い散らかし(憤怒)
    でも、野菜を育てるために化学肥料や石灰と苦土石灰はどうしても必要ですけど、消費者の健康のことを考えると難しいです。

    • 匿名 より:

      連作障害。
      本で読んだ知識ですけど、農地を区切り、一年ごとに植える種類を変えていく方法、
      「コンパニオン・プランツ」を混植する方法(トマトとバジル、何かとネギ、レタスなど)、
      あるようです。
      後者は連作障害よりも害虫除けかな。
      「自然農法」コーナーに行くと、本がいっぱい出ています。
      ーー 脳内農家より w

  2. 匿名 より:

    欧州から仕事で来た友人につきあって国内旅行に行ったら、 朝食も夕食も、なぜかほとんど食べない。 体調は悪くないというし、和食も好きらしいのだが。(もちろん、理由は言わない)気まずかったです。

  3. 腐れ大学生 より:

    このこと結構みんな知らないよな。
    「中国産の野菜なんて食べられない。やっぱり国産が一番安心!」
    「安心安全さをアピールすれば日本の農作物は世界に売り出せる!」
    だが実際はこれだ。たとえ放射能にまみれてなくたって農薬まみれの野菜を俺たちは普段から食ってる。
    何だか最近何事にも疑心暗鬼になってる自分がいる。

  4. 匿名 より:

    危険は一種類ではない。
    各国それぞれにそれぞれの危険がある。
    認識と注意をするのは当たり前だが、全部混ぜこぜにするのだけは止めよう。

  5. 匿名 より:

    日本人スゴイデスネ!

    放射能汚染ニモマケズ!

    世界一農薬汚染ニモマケズ!

    世界ご長寿ナンバーワン!

    こんなにバカですぐに扇動され自分の人権さえ守る気概もない人間が世界ご長寿ナンバーワン!
    もっと短くなってもいい気がする。

  6. 匿名 より:

    昔に比べて毒性が著しく低く、残効性が弱く分解されやすいものしか使えないのだから数打つしかないよね 昔は水銀、トリカブト、パラチオン、ニコチノイドなんて毒物を使って栽培してた その作物を食べていて、農作業で浴びていた今の老人が長生きしているっておかしいね
    欧州との比較もバカらしいね 気候が異なる上地質も違うんじゃなしかな 寒冷で乾いた土地と高温多湿な土地ではどちらか菌と虫の発生率が高いのかな 必要としないのだから基準が低くて当たり前じゃん それが欧州野菜の強みだしね 

  7. 匿名 より:

    硝酸態窒素については植物自体にリスクがあるね 大抵の植物は、窒素分は硝酸態窒素を栄養としては成長するから保有して当然だよね まあベストは収穫期に窒素切れを起こすように調整して肥料を使うのだけど、日本の農家全体にその余裕があるのかな大規模生産だと効率重視でできないとこが多くないかな 
    難しいみたいだけど無農薬って案外簡単なんだよね 農薬指定されてないものは農薬ではないからね 農家指定されてない毒性があるもの、まあガソリン掛けようが無農薬なんだよね 信頼性って大事だね
    使いすぎな農家も時代遅れだけど、化学肥料がなぜ必要になったかは洗浄野菜と作物ごとの必要な肥料成分量と栽培数を調べるとわかるね 土地が狭いと面積に対しての栽培数を多くしないとね
    あと使用した肥料成分を使いきってしまうようにするとまずいね川とかに肥料成分がないと海に届かずに磯焼けをおこして生態系を壊すよね 漁業関係者も困るね でも過剰はいらないね

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑