”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ

【やっぱり】マクドナルドの肉は「くず肉、腱、脂肪、結合組織とアンモニア」イギリスの人気料理人が勝訴で証明

投稿日:

img_0_m

ジェイミー・オリヴァーがマクドナルドに勝った、肉の正体が明らかに

オリヴァー氏は、勝訴した裁判により、マクドナルドのファーストフードチェーンでは、本当の肉の代わりに、食用肉から出たくず肉、腱、脂肪、結合組織を混ぜた物から成るペースト状の生地とアンモニアが使用されていることを証明したことになった。

イギリス人シェフ兼テレビ番組作成者のオリバー氏は、ハンバーガーとナゲットのおいしさの裏に潜む恐るべき真実を明らかにした。オリバー氏の発言によると、マクドナルドの店舗でサービスされる商品は、食品として定義不能である。

アメリカのマクドナルドがピンクスライム肉を使用していた理由
マクドナルドが使用しているピンクスライム肉の危険性について、2011年に自身の番組内で紹介したイギリス人シェフのジェイミー・オリバー氏。番組の内容は放送終了後アメリカ国内で大きく話題になり、ピンクスライム肉を加工していた食肉加工大手のAFAフーズ社が経営破綻しました。マクドナルドはピンクスライム肉使用の中止を発表しましたが、本当の問題は別のところにある、とPolitical Blind Spotが指摘しています。

なお、日本では水酸化アンモニウムは未指定添加物であり、使用すれば食品衛生法違反となるので、ピンクスライム肉を口にすることはなさそうです。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

日本のマックはどうなんでしょうかねぇ?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-食関連ニュース
-

Copyright© 健康になるためのブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.