”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ🐾

2016年度以降で子どもの貧困を感じたことがある教員が5割。山梨の教員アンケート

投稿日:

money_single_mother_poor

<子どもの貧困>教員5割が痛感 山梨県内のNPOアンケ

「昨年度以降、子どもが貧困状態にあると感じたことがあるか」を質問したところ、53%は「ない」と答えた。47%は「ある」と回答し、ほぼ半数の教員が、貧しさに直面する子どもの存在を目にしていることになる。

 深刻な状況にあることに気付いた「場面・状況」を11の選択肢から複数回答で選んでもらったところ、最も多かったのは「支払い、集金の未納」の26%だった。これに「衣服の汚れ、ほころび」の18%が続いた。

貧困が子どもに及ぼす影響については、8割が「学習意欲が低い」と回答した。7割は「自己肯定感が低い」と答えた。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

子どもの6人に1人が貧困状態である日本ですから、本当だったら全員が感じていてもいいのではないでしょうか?山梨は全国平均に比べたら状況がマシというのもあるのかも知れませんが。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-社会問題
-,

Copyright© 健康になるためのブログ🐾 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.