【驚き】たった半年でリオ5輪の会場が荒れ果てているらしい

公開日: : 海外 ,

スナップショット 18 (2017-02-15 10-45)

4wyuSrUcfftt

4wyuSrUcfftttt

あれから半年。リオデジャネイロ・オリンピック会場の荒廃っぷりが凄い

悲しいことに、リオデジャネイロ・オリンピック終了からわずか6か月にして崩壊の兆しが漂い始めている。

 2016年9月18日のパラリンピック閉会式以降、主要な会場は閉鎖され、マラカナンスタジアムは略奪され、ゴルフコースも破綻寸前だ。オリンピック会場となった他の都市でも見られた悲しい光景である。

Rio 2016 Olympic venues in disrepair six months after end of Games – video

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

リオ五輪は開催される前も「工事が間に合わない」「治安が悪すぎる」「競技場の水質が悪すぎる」など様々な問題がありましたが、五輪開催期間中は実に華やかな感じでした。

そして、半年後の五輪会場はこんな感じという事です。もちろん東京五輪にそっくり当てはまるとは思いませんが、今のムチャクチャなやり方を見ていると、似たような感じになるのではと危惧されます。

しかし、ブラジルの落ち方は尋常じゃないですね。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    漫画「AKIRA」でしたっけ?
    荒廃した東京が舞台でしたね。
    あれは、漫画ですが、オリンピックスタジアム、ヤバそうですね。
    木を使うことで、よほど手入れにエネルギーを注がないと、直ぐに廃墟に成るって、言われていますよね。
    コンペなんて、裏ばかり。
    利権お仲間の出来レースが、エンブレム以外で有っても、驚くにはあたらないでしょう。
    そのうちに、
    日本も言われてしまうんでしょうか。外国で。
    「日本の落ちっぷりが凄い。」って。
    そうなりたくないなぁ。

  2. 日本の司法は氏ンデレラ より:

    ブラジルの場合、南米の大国だけに昔から米に
    目を付けられていて、ルセフ大統領の反米姿勢は
    南米の中では大して激しくもなかったけど、
    五輪のゴタゴタに乗じた政権転覆工作がマンマと
    はまって、前任のルーラ共々「お縄頂戴」にされちゃいましたね。

    日本ではご承知の通り、五輪の浮かれムードと
    百合子劇場の騒ぎの中、対テロ名目の治安維持法
    体制へ日々邁進中って、目を覚ませー‼ 寝たら氏ぬぞー❕

  3. 匿名 より:

    マラカナンスタジアムって、ブラジルにとってはW杯悲劇の舞台だけど、同時にサッカーの聖地みたいな意味もあったはず。
    それがここまで荒れ果てるのだから、五輪に浮かれて無計画な管理になる事の恐ろしさよ。

  4. 匿名 より:

    ワーオ!
    でもすでにこういう感じのところが、日本にもある。
    ・・・咲洲の大阪府庁舎。
    ハシモトが買ったやつ。

  5. 匿名 より:

    オリンピックなんて、国民のナショナリズムを煽り、政財界が喜ぶだけの利権ピック。
    スポーツの祭典なんていらないね。スポーツなんて、ただやりたい奴がやればいいんだし。大会開きたいなら、見たい奴らと協力して開けばいい。
    こんなものに税金使うな!他に幾らだって必要な所があるぞ!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑