About

【いいぞ!】報ステ・後藤謙次氏が明言!「”国会の劣化”の責任は安倍総理の答弁、はぐらかしたり焦点をずらしたり真摯な態度がない」

公開日: : 政治経済, 社会問題 ,

総理の暴走!改憲森友、安倍総理vs蓮舫代表…国会で激論20170509houdoustation

総理の暴走!改憲森友、安倍総理vs蓮舫代表…国会で… 投稿者 gomizeromirai

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

もう、連日連夜、的確に現状を捉え、しっかりと政権を監視・批判する素晴らしいコメントを出しまくってますね。NEW〇23の人と違って、やればできる人じゃないですか。

森友からこっちの朝日新聞と後藤さん(報ステ)の一貫した報道姿勢は評価されるべきだと思います。

しかし、一体何があったんだろう?そこも非常に気になります。それがわかれば、毎日新聞や、毎日新聞なども本気になってもらうことができるかも知れませんから。

 

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    遅すぎませんか。もう共謀罪強行採決が目の前。
    自民にくっつく公明も最低なら、共産を利用するだけで野党共闘の足を引っ張る民進も最低だ。維新は国政でも地方でもゴロツキみたいなクズばっか。もうやだ~。
    豊中市議のおかげで森友問題が明るみにされて、籠池氏のような新キャラ?が生まれたのはまだ救いだったかもしれません。後藤さんも籠池氏に何かを感じたのかな。

  2. 日本を武士道國家にもどそうおお。暴力右翼日本にはうんざり。 より:

    武士道の心をもつ和人なら看過できない。土地不正奪取事件。
    この不正に蓋をしたいのは 極右とねとうよと主犯の安倍晉三と妻と大坂維新の會です。

  3. 日本を武士道國家にもどそうおお。暴力右翼日本にはうんざり。 より:

    森本疑獄事件に蓋をしたのはねとうよと極右。

    武士道の心をもつ和人なら看過できない。この不正に蓋をしたいのは 極右とねとうよと主犯の安倍晉三と妻と大坂維新の會です。

  4. 匿名 より:

    「憲法99条のせいで、
    執拗に食い下がる長沼議員をいなすには、
    首相はああいわざるを得なかった」

    自称リフレ経済学者で政府の腰巾着である高橋洋一氏が、
    安倍首相の代弁を忖度する無茶苦茶なコラム書いてるのを見て薄気味が悪くなった

    同じくらい合理的なら両論を並べる事は
    意味があるが、しかし、少なくとも、「新聞読め」なんて
    非常識な話を擁護してる馬鹿の話を”両論併記”する必要はないだろう
    完全におかしくなってきてる

  5. 匿名 より:

    真摯な対応ってのは野党の安倍降ろしごっこに付き合ってあげる事を言うのか?

  6. 匿名 より:

    真摯に考えてみてください。祈ります

  7. 匿名 より:

    むかし、「後藤謙次やめろ! 報ステ応援」とかいうツイッターのアカウントがあったが、今は「後藤謙次応援!・・・」に名前変えてるかな?

    最近はもうキレッキレだもんね。星浩の論評なんか、かったるくて聞いてられない。
    人は変わる・・・

    【「安倍政権はタガが外れている」『報道ステーション』後藤謙次の安倍批判がキレキレ! 御用記者に何が?
    2017.05.12 】

     それにしても、後藤氏のこの“豹変”ぶりには驚いている視聴者も少なくないだろう。もともと後藤氏は長きにわたって竹下登や野中広務といった経世会議員の番記者を務めてきた、「リベラル保守」のポジションにあった人物。それが第二次安倍政権発足後は安倍首相と会食する一方で、テレビでは安倍政権の擁護をダラダラと繰り返すようになった。

     それがいま、どうして真っ正面から安倍首相の批判を毎夜のように展開しはじめたのか──その答えはシンプルだろう。
    後藤氏のような馴れ合いの番記者体質そのままのジャーナリストさえも、共謀罪が象徴する安倍首相の強権的なやり方には黙っていられない、それほど目に余る、ということだ。
    実際、共謀罪の審議や新憲法施行宣言、「読売を熟読しろ」発言に対しては、これまで安倍政権の暴走を黙認してきたテレビ番組でも疑義を呈する場面が、数は少ないとはいえ見られるようになってきている。

    http://lite-ra.com/i/2017/05/post-3153-entry_4.html

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑