【大暴走】公明党がネトウヨ並みのツイートで通報されまくる!「3つのKでわかる共産党ってどんな党?汚い!危険!北朝鮮!」

公開日: : 政治経済 ,


スポンサーリンク


以下ネットの反応。

都議会選挙に向けて与党は大ピンチの状況ですし、最近、創価学会の票が一部共産党に流れつつあるということで焦っているのでしょうかね?

公明党のメッセージはすべて学会員向けなんでしょうね。一般人がどう感じようが関係ない。

学会員の票を絶対に逃がさない。学会員にどう刷り込んでいくかしか考えていないのでしょう。

【追記】

テレビの方は気にしてるのか・・よくわからんなぁ。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    安倍に関わっている人達や組織(公明党)は安倍の性癖(嘘付き)に染まっていて、
    人間性を失って心が腐っていくな。
    創価学会員も考えてるのをやめた事が最良の手段と思っているうちに、安倍の性癖に染まっていって、人間の心が腐っていくよ。

    • 匿名 より:

      事実を言っただけでこの反応
      「汚い・危険・北朝鮮」をサヨ自ら体現してるわ

  2. サイレントマジョリティ より:

    え? 自虐ギャクかなんか? 公安対象は事実だから仕方ないとしても、あとの二つは、どう考えても公明党を指してんだけど。

  3. 匿名 より:

    元々こんな下品で恥知らずな事ができるから自民党と組める。人を傷つけるような事を言ってはいけないって人として当たり前の事が欠落してる人達に国政任せて良いのか。

  4. 愛国者 より:

    ネットにいるカルト安倍信者の中にも公明信者がいるんだろうな

  5. 豊岳正彦 より:

    仏教聖典_はげみ_第一章さとりへの道_第三節仏のたとえ_第一項_雑宝蔵経

     遠い昔、棄老国と名づける、老人を棄(す)てる国があった。

    その国の人びとは、だれしも老人になると、遠い野山に棄てられるのがおきてであった。

     その国の王に仕える大臣は、いかにおきてとはいえ、年老いた父を棄てることができず、深く大地に穴を掘ってそこに家を作り、そこに隠して孝養を尽くしていた。

     ところがここに一大事が起きた。

    それは神が現れて、王に向かって恐ろしい難問を投げつけたのである。

     「ここに二匹の蛇がいる。

    この蛇の雄・雌を見分ければよし、もしできないならば、この国を滅ぼしてしまう。」と。

     王はもとより、宮殿にいるだれひとりとして蛇の雄・雌を見分けられる者はいなかった。

    王はついに国中に布告して、見分け方を知っている者には、厚く賞を与えるであろうと告げさせた。

     かの大臣は家に帰り、ひそかに父に尋ねると、父はこう言った。

     「それは易しいことだ。

    柔らかい敷物の上に、その二匹の蛇を置くがよい。

    そのとき、騒がしく動くのは雄であり、動かないのが雌である。」

     大臣は父の教えのとおり王に語り、それによって蛇の雄・雌を知ることができた。

     それから神は、次々にむずかしい問題を出した。

    王も家臣たちも、答えることができなかったが、大臣はひそかにその問題を父に尋ね、常に解くことができた。

    その問いと答えとは次のようなものであった。

     「眠っているものに対しては覚めているといわれ、覚めているものに対しては眠っているといわれるものは誰か」

    「それは、いま道を修行している人のことである。

    道を知らない、眠っている人に対しては、その人は覚めているといわれる。

    すでに道をさとった、覚めている人に対しては、その人は眠っているといわれる。」

     「大きな象の重さはどうして量るか。」

    「象を舟に乗せ、舟が水中にどれだけ沈んだか印をしておく。

    次に象を降ろして、同じ深さになるまで石を載せその石の重さを量ればよい。」

     「一すくいの水が大海の水より多いというのは、どんなことか。」

    「清らかな心で一すくいの水を汲んで、父母や病人に施せば、その功徳は永久(とこしえ)に消えない。

    大海の水は多いといっても、ついに尽きることがある。

    これをいうのである。」

     次に神は、骨と皮ばかりにやせた、飢えた人を出して、その人にこう言わせた。

    「世の中に、わたしよりもっと飢えに苦しんでいるものがあるであろうか。」

    「ある。

    世にもし、心がかたくなで貧しく、仏法僧の三宝を信ぜず、父母や師匠に供養をしないならば、その人の心は飢えきっているだけでなく、その報いとして、後の世には餓鬼道に落ち、長い間餓えに苦しまなければならない。」

     「ここに真四角な栴檀の板がある。

    この板はどちらが根の方であったか。」

    「水に浮かべてみると、根の方がいくらか深く沈む。

    それによって根の方を知ることができる。」

     「ここに同じ姿・形の母子の馬がいる。

    どうしてその母子を見分けるか。」

    「草を与えると、母馬は、必ず子馬の方へ草を押しつけ与えるから、直ちに見分けることができる。」

     これらの難問に対する答えはことごとく神を喜ばせ、また王をも喜ばせた。

    そして王は、この智慧*が、ひそかに穴蔵にかくまっていた大臣の老いた父から出たものであることを知り、それより、老人を棄てるおきてをやめて、年老いた人に孝養を尽くすようにと命ずるに至った。

    _________

    *智慧(般若はんにゃprajna)
     普通に使われている”知恵”とは区別して、わざわざ仏教では”般若”の漢訳としてこの言葉を用いているが、正邪を区別する正しい判断力のことで、これを完全に備えたものが”仏陀”である。単なる知識ではなく、あらゆる現象の背後に存在する真実の姿を見ぬくことのできるもので、これを得てさとりの境地に達するための実践を、”般若波羅密はんにゃはらみつ”という。

    南無父母無二仏 合掌

    • 匿名 より:

      なるほど、つまり安倍がおじいちゃんの教えを守る事は良い事だと言うことだな!

  6. 匿名 より:

    「平和と福祉の党」って何だったんですか?
    これが公明党の言う「平和」なの?

    • 匿名 より:

      こいつらやネトウヨが言う平和は「自分達と違う意見の人間がいない、自分達に歯向かう人間がいない」こと。

      そんなのありえないだろって話。

  7. 匿名 より:

    人間ってやつは追い詰められたときにその本性がでてくるというが、
    公明党に属している人達の本性がでてきたな。

  8. 匿名 より:

    学会員は自分の頭で考えることを知らない人たちだから、こんなツイートで簡単に洗脳されるでしょう。

  9. 匿名 より:

    共産党を誹謗中傷するしか方法が無い点でもう終わってるな、公明党。
    政党なら政策を掲げてなんぼのもんやろうに、もうそれも出来ないんだね。
    ほんと、残念すぎる。

  10. 匿名 より:

    ○明党の下品・卑劣な行いについて、論評を加えることは結構なこと。
    ○会員の方々に対し、色々な言葉を投げつけることは、かえって○明党への帰属意識を強くすることになりませんか。
    この掲示板での、○学会のかたがたへの誹謗中傷じみた書き込みは、○明党選挙基盤の組織維持に利するための行為ではありませんか。
    公党への批判は活発に行うべきものですが、それらを個人レベルに下ろして行うことはその意図とは逆の効果をもたらす場合も有りましょうや。
    ○民党の方々へお願い、御党が最も得意とする道徳教育を 一心同体政党である○明党へ 施してあげて下さい、日本人として 恥ずかしい です。
    うふふ。

    • 匿名 より:

      公明党信者はここ見ないと思うよw
      ネットそのものを規制されていて、素直に従ってる人達だからねw

    • 匿名 より:

      創価学会員は考えるのをやめた人がほとんどだから、他人から指摘されても疑問すれ出てこないでしょう。
      それに脱会なんて進めませんよ。考えるのをやめて公明党に票を入れるのが徳を積むを自己暗示している人達は、それなりの末路は決まっている。

  11. 匿名 より:

    まー

    全部事実なんですけどね(苦笑

  12. 匿名 より:

    共産党に実績なんぞあるわけないし
    革マル、中核派と同じく公安の調査対象だし
    北朝鮮をやたら擁護するのも事実

    どこに間違いがあるんだろう

  13. 匿名 より:

    やはり後藤田正晴は正しかったな。
    「公安で創価学会をマークしておけばよかった」
    「公明党と連立組むな」
    自民の現役議員でこの言葉を知ってる、そしてその意味がわかる者が何人いるのやら。

  14. 匿名 より:

    宗教で集めた金で何をしているのやら
    池田大作の指示かね?
    政党助成金を返した方がいいんじゃないの?
    憲法違反の政党じゃないの?
    宗教が政治に介入するとろくなことがない

  15. 匿名 より:

    米山さんの新潟知事選のときの「赤い旗が立つ」と同じで、いわれのない誹謗中傷は公明としては真逆効果だと思います。はっきり豊洲移転反対と言ってこなかった公明が今さらじたばたしたって、共産党にとっては痛くもかゆくもないと思うんですけど。

  16. 匿名 より:

    地に落ちたな、公明党。
    学会員の皆さん、そろそろ目を覚ましませんか。

  17. 匿名 より:

    池田大作センセイのお言葉も、
    一部の幹部が、公明党の現状に即して創作してるらしいから
    今さら驚かないけど。ただ、一体、直接には何があったんだ? と不審感は持つなw
    これは、官邸がネトウヨまとめにリンク貼ったの同じくらい呆れたがな

  18. 匿名 より:

    同情します知性がかわいそうでネトウヨサポたちと似てるな

  19. 匿名 より:

    友人の創価学会員に頼まれて、学会系の講演会に行ったことが有る。
    うろ覚えだが、その講演会でしゃべった人は、色々喋った。
    私が、オオッ!!と思ったのは
    「池田先生の考えと離れたら、たとえ創価学会でも邪宗となる。婦人部に期待している。」
    そんな感じの事だった。
    創価学会の講演をするレベルの人だけど、今の状況のヤバさを感じ得ているのかも。
    どうもおかしいと感じ始めている人がかなり居そう。
    ダメと決めつけないで、責めないで、話を聞いてやり話してやり、地獄への道を回避させてあげよう。

  20. 匿名 より:

    不公正明白党の名に恥じない言動

  21. 匿名 より:

    公明党と共産党は昔から犬猿の仲の敵同士だよって言ったら全力で否定されたことがあるんだが、やっぱり敵同士でした
    (*´Д`)

  22. 匿名 より:

    公明党に共産党の過去を云々(でんでん)言う資格など無い。公明党の黒い疑惑なんて掃いて捨てる程あるじゃないか。暴力団後藤組との癒着(後藤組長本人が本を出版して明かにしている)など反社会的組織とのつながりは有名だ。
    公安にマークされているだって?だからなんだってんだ。国民の人権を擁護する発言や行為を行うならば党名なんて関係ないんだよ。公明党は共謀罪に賛成して国民の人権を侵害した。公明党の方がよほど反日本国民だ。
    オウムと同じだって?だからなんだってんだ。元都知事で自民党だった石原慎太郎なんてオウムと関係していたじゃないか。自民党議員の故)浜田幸一氏が石原に「オウムと関係を切れ」と忠告したと自著で明らかにしている。オウムを問題にするならば共産党ではなく自民党の石原慎太郎氏だ。
    ハイエナ政党だって?だからなんだってんだ。待機児童問題解決の法案で都民8万人の要請を無視して反対したのは公明党じゃないか。
    北朝鮮問題で的はずれだって?だからなんだってんだ。北朝鮮をあおっているのは安倍晋三内閣じゃないか。イスラエル訪問でネタニエフ首相にIS掃討に資金援助をすると発言して湯川さんを殺させ、今また北朝鮮をあおり共謀罪を成立させて日本国民全員を死地に送り込もうとしているのは、自民、公明、維新じゃないか。
    他人にどうこう言う前に自分の行いを正したら如何ですか。

  23. 匿名 より:

    自民の金魚のフンが他党をハイエナ呼ばわりとは笑わせる
    自虐か何かか?

  24. 匿名 より:

    公明党のが次々繰り出す節操のなさ…。もはや哀れ。

  25. 匿名 より:

    事実かどうかはどうでも良いんだろう。
    デマでも何でも中傷すれば話題になって拡散する。
    それが公明の狙いだろ。
    実際、ヤフーニュースに載って、※欄につられたネトウヨがわらわら湧いて喜んでるし。

  26. 匿名 より:

    どう見ても公明党がハイエナ。どの口が言ってんだ。

  27. 匿名 より:

    下品すぎてどこの反社会勢力かと思った。公明党を擁護する輩もきもちわるい。
    公明党や創価学会ってやっぱりオウムと同じカルト宗教なんですね。

  28. 匿名 より:

    公明新聞に広告190回豊洲受注ゼネコン14社8700万円(推定)“事実上献金”

    http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-06-18/2017061815_01_1.html

    このことバラされちゃったから公明党は共産党を誹謗中傷してるんですね。
    築地で大儲けして、次は小池知事と組んで選挙終わったらあっさりゼネコンに築地売るんでしょう。
    創価学会は税金も納めてないし、金の亡者ですね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑