【狂気】自民党内で自衛隊日報は「国民に公開するべきではなかった(隠ぺいするべきだった)」との意見が続出!ネット「超隠蔽体質」「自民党マジ狂ってる」

公開日: : 政治経済

PKO日報「公開すべきでなかった」自民部会、意見続出

南スーダンの国連平和維持活動(PKO)の日報問題をめぐって、31日に開かれた自民党国防部会で、「そもそも日報を公開するべきではなかった」との意見が出席議員たちから続出した。非公表とした陸自の決定を情報公開法の開示義務違反と結論づけた特別防衛監察の判断とは正反対の考え方だ。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

本当に恐ろしい人たちですね。批判を浴びる要素があるモノは徹底的に国民の目から隠してしまえということを公然と言い放つわけです。

もう「今の自民党議員」にはとてもじゃないですが政権与党を任せておくことはできません。もう一度下野してもらった方がいいでしょう。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    自民党の受け皿は自由党、民進党の受け皿は共産党でいいんじゃね?

  2. 匿名 より:

    まあ一度下に落とさんとまともな声に耳を傾けないだろうからね。
    まともな議員さんもいるんなら彼らを援護するためにも自民党は一度落とすべきだ。

  3. 匿名 より:

    もともと公開すべきでなかった、と。そこへいきますか・・・
    これ、自己保身のためにこう言っているのか、そういう信条なのか。
    でもどちらであれ、こういう思考は相当ヤバイと思います。
    太平洋戦争時の軍部を連想させます。
    この国は敗戦で反省したはずなのにやっぱり変わらない、続いているんだと。
    安倍政権的なもの、自民党に肌なじみのいい日本会議的なもの・・・
    もうそろそろ、本当に消えてほしい。

  4. 匿名 より:

    軍の活動日報は軍事機密だろ。公開するにしても、10年とか15年とか経ってからだ。

  5. 匿名 より:

    福島原発事故時の民主政権の対応は許せないものがあったが、
    これがもし自民政権下で起こっていれば、福島県民おろか国民を省みないもっと酷い対応になっていただろうと今つくづく思う。

  6. 匿名 より:

    自由も民主も無い自由民主党(笑)
    党の名前変えるべきでしょ

  7. 匿名 より:

    たしか、国防部会は、民主的な国民から、何でも隠したがる自衛隊を守るためにあったんだよね。
    たしか、国会議員は、民主的な国民から、記憶喪失の官僚を守るために、選ばれたんだよね。

  8. 匿名 より:

    公開されるリスクを前提とした今後は
    今後、戦闘行為、違法行為ばかりでなく
    軍事作戦、軍事計画について
    記載される事は全く無くなった
    というわけだ。
    自民党議員の言う通り公開すべきではなかった。

  9. 匿名 より:

    日本国憲法に重大な違反事態
    改めて安保法について見直すべきでは?

  10. 匿名 より:

    仮に自衛隊の行動作戦を全て公開したら
    中国、北朝鮮に向けて情報流してる話になるわけで、ある程度の国家機密は必要ですよ。

  11. 匿名 より:

    自衛隊員に危険の及ばない非戦闘地域での平和維持活動として、自衛隊をスーダンに派兵したはずだ。平和活動ならば作戦を国民に知らせたところで作戦上、自衛隊に不利になる事は何もない。何故ならば敵が存在しない作戦だからだ。他国に知られても問題になることなど何もない。安倍内閣の日報隠しは日本国憲法違反に抵触する重大問題。稲田元大臣を証人喚問すべき。自民党員は腐っている。

    • 匿名 より:

      甘ちゃんだのう。仮に自衛隊の作戦行動がすべて公開されたら日本の軍備を拡大したい勢力は、現地ゲリラを支援して自衛隊の急所を攻撃させ武力の必要性を国民に痛感させるはずだ。

  12. 匿名 より:

    軍備拡大なら今北朝鮮がならず者国家担って一生懸命ミサイル打ってアメリカが危ないよ〜って日本に色々売りつけようとしてるじゃん。
    長距離弾道ミサイルだから日本は射程じゃないとか言う人いるけど他所の国が作ったミサイルを車も作れない北朝鮮が扱ってるからいつ日本列島に途中で落ちてくるかわからないのが怖い。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑