【ミサイル危機の政治利用】米朝が外交的解決を模索する中で菅官房長官が圧力強化を強調「対話のための対話は意味ない」

官房長官「対話のための対話は意味ない」圧力強化を強調

菅官房長官は閣議のあとの記者会見で、アメリカの国防長官と国務長官が新聞に寄稿し、北朝鮮が挑発行為を直ちに停止すれば交渉する用意があると明らかにしたことに関連して、対話のための対話では意味がないとしたうえで、関係国と連携し圧力を強化する考えを強調しました。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

米朝政府が歩み寄ってるのに、日本政府が「対話するな」とメッセージを出すとは。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 愛国者 より:

    さすが戦争推進のクズ政党

  2. 匿名 より:

    一体何がしたいのか。何が望みなのか。
    日本は、アメリカのやることにイチャモンをつけては、駄目です。
    アメリカと北朝鮮が融和的になると、日本の国益を害することになるようだな。
    いよいよ、孤立化の道へと一歩二歩踏み出してんだ。 
    哀れかな、好戦日本。

  3. 匿名 より:

    菅は早く議員辞職しろ

  4. 匿名 より:

    お金儲けに国民を巻き込むな。福島第1原発の犠牲になった住民の事はもう忘れたんですかね。自由民主党の国会議員の皆さん。

  5. 匿名 より:

    とりあえず対話しないと何も始まらねえだろう。一体何言ってんだよ。
    なんで、アメリカと北朝鮮が話するの気に入らねえんだよ。
    戦争したいんなら、分かりやすくそう云いなよ。
    ただし、その戦争は、おめえさん方一族だけでやってくんなよ。
    普通の日本国民は、戦争なんてやりたかあねえんだよ。

  6. 匿名 より:

    さすが戦争屋とズブズブの犯罪内閣。
    何も反省してないな。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑