【異常】自民熊田裕通衆院議員:学生時代のイジメをHPで自慢?女性教師をトイレに閉じ込めて爆竹投げ入れ、涙声で「開けて~」、「やった~」と快感

公開日: : 政治経済 ,

itgg
自民党の熊田裕通衆院議員が自身のホームページに、女性教師を監禁していじめた体験を掲載していたことが、問題となっています。

スポンサーリンク

http://news.livedoor.com/article/detail/10434046/

その記述の中で、熊田議員は若い女性教師に対するイジメ体験を語っているのだ。トイレ掃除の点検で若い女性教師が個室に入ったところで、熊田議員らは外からドアを押さえて閉じ込め、爆竹を次々に投げ込んでいったという。

閉じ込められた女性教師は始めのうちは「開けなさい」と毅然とした態度をとっていたが、途中からは恐怖からか「開けてください」と懇願し始め、最後には涙声で「開けて~」と絶叫していたそうだ。この当時、熊田議員はこの女性教師の弱っていく姿に「『やった~』と快感」を覚えていたと告白している。

it

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

磯崎首相補佐官、武藤貴也議員など次から次へと信じられない発言や話が出てくる自民党ですが、今日もまた信じられないと話題になっている議員がいるようです。それは、愛知1区選出の熊田裕通衆議院議員です。

このいじめの問題は許されることではなく、人間としてどうかという面はありますが、若かりし頃のあやまちという面はあるでしょう。やってしまったことは仕方がないことですから、深く反省し続けるしかありません。

ただ、その過去の過ちであるいじめの詳細を平気で自分のホームページに掲載するという感覚は間違いなく異常です。しかも、一般人ではなくて国会議員ですからね。自分のホームページに来る人がこの話を読んだら不快になる、評判が落ちることになるということがわからないという思考回路が異常なのです。

文化芸術懇話会のメンバーでもある熊田裕通衆議院議員、自民党はこんな人たちばかりなのでしょうか。これからも、逐一チェックしていかなければなりません。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. アベノミクスジュース より:

    どうせ、生意気なねえちゃんにセクハラ満載の嫌がらせするんやったら、辻元サンとかを、トイレに閉じ込めて爆竹投げたら?
    弱いものイジメを自慢するアホに、そんな度胸ないわな…犯罪者は、速やかに政界を去りましょうよ(笑)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑