【朗報】熊本2(社民)、3(共産)、4(民進)区で野党候補一本化!有田議員「驚きは安倍総理が帰国して25日に”わがまま解散”を表明してからです」

公開日: : 政治経済 ,

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

熊本県

熊本も全区域2017年に変更されてますので何とも言えませんが、基本的には保守が強い地盤のようです。

議席が狙えるのは松野氏の1区です。おそらくこの流れで行けば松野氏に一本化確定なので、熊本は選挙態勢が確定したと言えそうです。北海道もパパッとやっちゃってくれんかなぁ。

志位さんも微妙に発言のニュアンスを変えてきて、選挙モードに突入ですね。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    野党共闘、候補一本化バンザイ!!
    野党は全力で過半数議席確保を狙うべし。
    汚い安倍政治にはもううんざり!!

  2. 匿名 より:

    アベが壊した
    法治国家を取り戻せ
    議会制民主主義を取り戻せ
    まずここから始めよう

  3. 匿名 より:

    熊本ってのがまた重要ですね。
    地震の時そしてその後にアベどもが何やったかを見たら、自民に入れる事を考え直す人も少なからずいるのでは?

  4. 匿名 より:

    地震の爪痕、台風による損失は安倍総理には見えないのでしょう。それでも加計学園問題追及から逃げる為に解散総選挙に打って出るんですね。とんでもない総理大臣が出てしまいました。安倍さん希望の歴史に名を残せそうですね、ある意味。

  5. 匿名 より:

    民進党の中央組織には、常在戦場、との意識がない。
    選挙民に直接向き合う、各政党の地方組織の方が、政治の現状に対する危機意識が強いのだろう。
    中央組織の意向を待たずに、野党相互の連携、候補者調整どんどん進めるべきだ。
    役人レベルが考える細かいことに拘泥しなくてよろしい。今、日本に求められているのは、汚職疑惑と行政破壊の安倍政治、自公政治との決別であり、これらの復活を許さないことである。
    前原代表など、とらぬ狸の皮算用的なくだらない心配を選挙前にすべきではない。
    選挙に勝ってから心配しろよ。

  6. 匿名 より:

    前原は

    戦時には戦時のようにせよ

    という言葉がないようだな
    どこまでも優等生でいたいのか(すでに落ちこぼれたのに)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑