”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ🐾

【ネトウヨ発狂】岡田克也・元民進代表「野党は大きくまとめていかないと。バラバラでは政権は絶対に交代できない」&朝日・読売の情勢調査

投稿日:2017/10/11/ 11:16 更新日:

岡田克也氏、選挙後「野党は大きくまとめていかないと」

(希望の党の候補を無所属の岡田氏が応援する理由を問われ)仲間だもん。無所属ということは、どこに行ってもいい。これからの日本の政治を背負っていくような人を応援に行くと、前から言っている。だから無所属の人もいるし、希望の人もいるし、立憲民主の人もいる。それは気にせずに行く。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

自民堅調、希望伸びず立憲勢い 朝日新聞情勢調査の概況
22日投開票の衆院選について、朝日新聞社は10、11の両日、4万人以上の有権者を対象に電話調査を実施し、全国の取材網の情報も加えて選挙戦序盤の情勢を探った。現時点では、①自民党は単独過半数(233議席)を大きく上回りそうで、小選挙区・比例区とも堅調②希望の党は伸びておらず、代表の小池百合子都知事のおひざ元の東京でも苦戦③立憲民主党は公示前勢力(15議席)の倍増もうかがう勢い――などの情勢になっていることが分かった。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

朝日も日経とほぼ同じ傾向ですね。

まあ、岡田さんもこう言っていることですしねぇ。

「共産」の小選挙区700万票と「社民」の比例区130万票(九州ブロックは前回1議席獲得)の「死票」を有効利用したいところです。

比例ブロックの様子はこちらから確認できます。
衆議院比例代表制選挙区一覧

何とか「絶対安定多数」は割り込ませたい。

自民党(公示前勢力284)は、衆院の常任委員長ポストを独占し、各委員会で過半数を確保できる「絶対安定多数」(261)にも届く勢いをみせている。

こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、「健康になるためのブログ」の最新記事が届きます。ぜひ、登録お願いします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-政治経済
-,

Copyright© 健康になるためのブログ🐾 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.