【キタ━(゚∀゚)━!】民進・小川参議員会長が民進党でのリベラル再結集を明言!「やむを得ず希望の党に行った人もいるので戻ってもらい、大きな器となりたい」【比例は共産】

公開日: : 政治経済

民進 参院で存続へ 小川会長「リベラル勢力を再結集

民進党の参院議員の一部が衆院選後、希望の党に合流せずに民進党に残り、民進党を党として維持する動きのあることがわかった。小川敏夫参院議員会長が11日、東京都内での街頭演説で「民進党は解党しない。民進党を守り、再びリベラル勢力を結集する」と語った。

立憲民主党や無所属で出馬した民進党の前衆院議員らとの連携を目指す。小川氏は「やむを得ず希望の党に行った人もいるので戻ってもらい、大きな器となりたい」と述べ、希望の党に合流した議員にも「復帰」を呼びかけた。

日刊IWJガイド・番組表「いよいよ選挙戦がスタート! IWJは各地の街宣の模様を取材します!/岩上さんが日本共産党の山下芳生副委員長にインタビュー! 民進党の分裂が野党共闘に与えた影響について、『市民と野党の共闘は一晩の談合で壊されるほどやわなものではない』と回答!/419年前に朝鮮から連行された陶工技術者を祖先に持つ薩摩焼の窯元・15代沈壽官氏に岩上安身がインタビュー!」2017.10.12日号~No.1854号~

これは非常に注目すべきことです。希望の党は代表の小池氏、そして幹部は極右で占められていますがここをみる限り「踏み絵」を踏まされた中にも、山井氏以外にも魂までは売り渡していない候補もいるようなのです。

 共同通信がおこなった衆院選立候補者へのアンケートでは、希望の党から立候補する235人のうち、160人が回答し、そのうちの72.5%が「安倍政権下での改憲に反対」と回答しています。9条への自衛隊明記についても、希望の党の回答者のうち、53.1%が反対と回答しました。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

 

序盤情勢も出揃いましたし、そろそろこの路線「民進系希望は仲間もいる」しか望みがないというのをご理解いただけたでしょうか。

「共産・社民・立憲(無所属)」で3分の1以上の議席なんて夢のまた夢ということが痛いほどわかったと思います。

それでも現状は、普段はまともなこと言う人たちが、票読み・議席数計算しないでむやみやたらに「共産・社民・立憲(無所属)」で3分の1以上という夢物語をプッシュするもんだから(これ信じた人相当ショック受けるよ)、「民進系希望」という最後の望みになる人たちをバッサリ斬り落とす展開になっています。

今からでも遅くないですから、「民進系希望は仲間もいる」という認識を広めましょう。これしか手はありません。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    管理人さんの意見に賛成。管理人さんが過去の選挙結果と得票数とかのデータを出して、当選の見込みのない人に投票して、死に票をつくることは安倍自民党を利することになるんだと何度も説明してもここのブログ民は理解してくれないんだよな。私も<当選させたい人に投票するのは当然、当選しないなんて決めつけるな>と何度言われたことか。小選挙区制度について、本でもネットでもいいので勉強しましょう。

    • 健康オタクなMr.K より:

      もう、「戦略的投票」を一人でも多くの人に理解してもらうしか、やることありません。

      「小選挙区の共産は死に票」と「比例は共産」をパッケージとして訴えることにしました。

      • 10:31AM より:

        公明対共産とか自民対共産のように1対1の図式のところは、共産に投票しましょう。管理人さんこれも加えて。みんなわかってないみたいだから?
         管理人さんがこれだけ死に票をつくるなっていってるのにみんな理解してくれないんだな。私と違って心の清いひとがおおいんだな。

  2. 匿名 より:

    民進のリベラル派は、立憲民主党を中心に結束し、政策的に肌の合わない人は希望なり維新なりに行けばいいと思うんだけど。

    立憲民主党とは別に新民進党のようなものを別組織で維持し、ただでさえ勢力が減衰しているリベラルをさらに細分化するような再編はやめてほしい。

  3. 愛国者 より:

    改憲派なんだから民進系希望は仲間ではない
    リベラル勢力を結集するなら民進は残さず立憲民主に合流だろう

    • 匿名 より:

      でもさー、「安倍政権下での改憲に反対」が70%いるんですよ。
      パッケージは真っ黒でも中身は白に近いという事がわかりませんか?

  4. 匿名 より:

    希望所属で当選が見込まれるのは、元民進党所属でもともと選挙に強い議員が大半だと予想されている。

    これは大事なこと。希望の党当選議員の大半が結局元民進党議員ならば、小池が自民追従路線に傾くことの抑制になるし、小池がもしそちらに傾くならば、元民進議員にとっては希望を離党する大義ができる。

    ただ、政党としては立憲と共産の両方の応援をしたい。でも私の選挙区には希望(元民進党議員)しかない。ほか、自民・維新・共産が出馬している。

    立憲は比例で応援するしかないから、小選挙区をどうするか。過去、小選挙区ではこの希望(元民進)議員が連勝。そうなると、リスクを覚悟で小選挙区で共産という選択肢も生まれる。

    どうも「小選挙区で共産」と書くと、バッシングが多いが、私なりにいろいろ戦略的に考えてのことなのだよ。

    • 健康オタクなMr.K より:

      ”今回の”小選挙区の情勢の確認をぜひ。

      何のリスクかわかりませんが、そのリスクを取って共産に投票して、自民候補勝利では目も当てられません。

      共産候補は小選挙区では沖縄以外勝てません。

      • 匿名 より:

        小選挙区で共産が勝つとはゆめゆめ思っていないが、小選挙区全体の合計得票数は、比例区に反映される、んじゃなかったっけ?

        小選挙区で勝ってほしいのは、その希望(元議員)だけど、「あえて自分がいれなくてももともと強いから通るかな。それなら共産党の応援を優先」する、というのが今回の考え。

        その投票行為がひょっとしたら小選挙区で希望(元民進)議員の落選につながるかもしれない(結果自民を利する)リスクもなきにしもあらずということ。

      • 愛国者 より:

        池内さおりとか頑張ってんのに選挙前に勝てません、てなんだよ
        勝てないなら勝てるように応援すればいいだろ

    • 10:31AM より:

       比例は共産一択でいいと思う。立民は今後の展開次第でどうなるかわからない。社民は得票数が少なすぎて1議席もとれない可能性があるのでやめたほうがいい。

  5. 匿名 より:

    おっさん何言ってんのw
    止むを得ず「希望」に行ってないでしょ。上手くすれば自民党と組んで与党になれると色気出してんだから。
    それと投票行動は自由でしょ。過去の選挙結果とデータなんか皆知ってるよwやっぱり自民党は強い。それを選択する国民が多数なので仕方ない。でも私は共産党支持で比例は社民だね。

  6. 匿名 より:

    死に票が大量にでるこのおかしな選挙を認めてるのは最高裁判所の裁判官。
    本来一票格差がゼロであれば、小選挙区選挙のような変な結果にならない。
    選挙で一票格差がなくなるように、安倍内閣が任命した最高裁の裁判官は、今回の国民審査で認めず、全部×で投票した方が良いと思う。
    この中には、加計学園関連の木沢克之氏の信任も含まれている。
    ここにも、モリカケが存在してるのを良く理解すべき。
    最高裁裁判官の国民審査は全部×で投票した方が良いと思う。
    どういう人物かもわからない最高裁判事は認めてはいけないと思う。

    • 10:31AM より:

      何度も書いていますが、一票の格差と小選挙区制度の問題は全く別の問題です。小選挙区制度が問題なのは、1つの選挙区でひとりしか当選しないところにあるのです。中選挙区制度なら得票数が2位や3位でも当選が可能なため、少数の意見も反映されるますが、小選挙区制度では得票数が1位の人だけ当選のため、少数意見は切り捨てられます。だから、4割の得票で8割の議席というおかしなことがおこるのです。
       1票の格差が解消されても、小選挙区制度が続く限り大政党に有利で、小政党に不利という図式は変わりません。

      • 匿名 より:

        まず、一票の格差を解消することが先決。
        国民の選挙権に軽重があるなんて、平等な民主主義ではない。
        最高裁判所の判事連中は、自分の評決の重みが他の者の三分の一であっても、納得するのだろうか。
        国民を馬鹿にしているとしか言いようがない。

        なぜ、税金で飯食っている連中は、国民をこんなに馬鹿にするのだろうか。
        この国の主権は、何方が握っている二だろうか。

      • 匿名 より:

        一票格差をなくすような合憲の選挙制度にすると、小選挙区で選挙は永遠に出来ないのです。 
        故に一票格差をなくす事は小選挙区制度を結果的になくすことにもなるのです。

  7. 匿名 より:

    仮に、小池さん希望の党の勢いが衰えず、大量当選の見込みが報道されたら、どうなっていたんでしょ。
    民進党前職の方々は、物事が決まってから、状況の変化に応じて、ご自分の最大利益を追求されますね。
    選挙民からは、とても信頼できるような所業ではなく、人間としても信用できない気持ちになります。

    どうして、物事をじっくりと考え、先行きをより良いものとすることが出来ないのでしょう。
    とてもとても、国の行く末を考える能力があろうとは思えません。

    この腐敗した日本の政治状況を、掃除するチャンスを「希望」という名の幻に売ってしまった、その罪深さの意識があれば、とても今回選挙に立候補など出来ないはずです。

    希望の前民進党候補者の立候補が無ければ、今回選挙の構図は、より簡単で明瞭なものとなっていたでしょう。
    政治屋個人の利益により、野党共闘や統一候補がとり得なかったこと、本当に残念なことです。

    • 健康オタクなMr.K より:

      答えは簡単。
      そんな民進・希望議員と自民議員どっちがマシか。
      最低を選ばないのも選挙です。
      一足とびにはよくなりません。政治家は国民の鏡ですからね。
      国会議員がクソなのはあなたや僕がクソだからです。

  8. 匿名 より:

    民進党ってさ、なんで当たり前の事がわかんないの?『失敗したな〜と思う人、戻ってきて』ってもっと早くから言えばいいし、共産党嫌いかもしれないけど安倍さんが好き放題にするよりマシでしょ だから我慢して!って。結局、小沢さんのオリーブの木構想そのものじゃねーの。引っかき回される前に結集すりゃよかったものを…

  9. 匿名 より:

    最後は、護憲派(安倍政権下で改憲反対も含む)をどれだけ国会に送り込めるかという戦い。
    希望というパッケージで一括りにして見ていては、大切な護憲派を失う事になる。

    理想ばかり言ってても現実は変えられません。
    理想を見据えつつ、一歩一歩それに近づく。
    それには、今ある材料を有効利用するしか無いじゃないですか。

    私は、はっきり言って枝野さんだって60%くらいしか信用してません。
    でも必要度は100%です。

  10. 匿名 より:

    素人と比べちゃいかんけど、都1の議員が独自の情報発信や意見表明が出来ず「挙手マシーン」になりつつある現状で、同じ小池百合子が立ち上げた希望に党内議論を期待しろ、とは言えませんよ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑