【う~ん】共産・志位委員長「4野党共闘なら自公多数なかった。強い怒りを持っている」

4野党共闘なら自公多数なかったと志位氏
4野党共闘なら自公多数なかったと共産・志位委員長。野党が乱立した選挙戦に関し「強い怒りを持っている」。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

「4野党共闘なら自公多数なかった」

とりあえずこれはかなり怪しいと思います。希望の候補(民進系以外も)はこれだけ落ち目になっても数万票獲得してますからね。4野党共闘VS希望・維新VS自民・公明だと希望の候補の立て方次第で4野党勢力はもっと悲惨な結果になった可能性もあります(共産は伸びたかも知れんけど)。

ま、それは置いておいても、野党共闘を叫ぶのはもうやめたほうがいいと思います。もちろん候補者の1本化は絶対ですが、それは市民(連合)などからの要請で選挙のたびに実現するという形の方がいいでしょう。

あまり政党間でべたべたしていると内向きになり、党としての特徴がどんどん消えていき、新たな支持者の獲得にもつながらないと思います。今回は選挙に勝ちましたが、自民公明がいい例ではないでしょうか。

この辺はえだのんの言ってることが正解だと思います。

共産と社民が合体して「労働党」はどう?選挙に来なかった5000万人にリーチするにはいいと思うけどなぁ。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 愛国者 より:

    野党共闘をぶち壊した小池と前原の罪は重い

  2. 匿名 より:

    日本共産党が名前を変える事は無いでしょう。
    中国の文革や旧東側諸国の市民弾圧を見て「あれは共産主義ではない」となったのが今の路線の原点ですから。
    良くも悪くも頑固。

  3. 匿名 より:

    でも共産党が今回の選挙で下支えしなければ、もっと酷い結果になっていたでしょう。
    下支えした共産党の努力は忘れないでほしい。相手を都合よく切り捨てていくと最後は誰も支えてくれないし、小池百合子みたいになってしまいます。

  4. 匿名 より:

    いまだに緑の狸を擁護する管理人の気持ちは正直理解できんが、誰がどう見たかって野党共闘を潰したのは言うだけ番長と緑の狸。しかもこいつらは100%自民の補完勢力なんだから、希望を野党に含めるのは間違いだろう。自民の野党第1党が希望にならなかったのは残念、という言葉がすべてを物語っている。
    もっと議席を獲得できたかどうかは鬼謀と他の野党が立った地域の野党得票数合計を見れば分かるんだが、それは最終得票数が出てからだろうな。

  5. 匿名 より:

    管理人さん、ちょっとおかしくね?
    志位委員長は「野党が乱立した選挙戦」に怒ってるのだから、
    「4野党共闘なら自公多数なかった」の4野党共闘は、希望が出る前の状態を言ってるんじゃないの?
    あんな合流をやらなければ、と「たられば」を言ってるのに、現実ベースで否定するのは、とっても変じゃないっすか?

    • 健康オタクなMr.K より:

      http://www.sankei.com/politics/news/171023/plt1710230097-n1.html
      >衆院選直前で希望の党への合流を決めた民進党への恨み節を炸裂(さくれつ)させた。

      のようですから、希望が出る前の話ではなく、希望が出た後のことのようです。

      この記事だけではどっちとも取れましたね。

      • 匿ちゃん より:

        スシローが昼のTVでこう言ってました。
        スシロー「自民党が怖がってたのは民進と共産の共闘です」と。それに(これは伊藤氏かスシローかどっちが言ったかは忘れましたが)「前回の参議院選挙で東北でまけてますからね」と付け加えていました。

        勝負は相手の嫌がる事をしないとダメです。
        今後も『野党+「市民」の共闘』が重要だと思う。

      • 匿名 より:

        なるほど。確かに希望が出た後の事のようです。
        でも、民進の希望への合流が無ければと怒りを炸裂させてるので、
        民進が希望へ合流しなかっ「たられば」ではないでしょうか?
        つまり、4党共闘は「民進、共産、社民、自由」の事だと私には思えるのですが。

        民進が合流しなければ、希望はもっと悲惨な事になってたでしょうね。

        • 健康オタクなMr.K より:

          >つまり、4党共闘は「民進、共産、社民、自由」の事だと私には思えるのですが

          そうだと思います。

          小池百合子の代表就任と民進合流はセットになっていたような気がしますが、

          民進が合流しない場合は、民進から希望へ逃げる議員が出て(特に都心部)、+小池塾から100~150人候補を立てたら、まさしく野党同士の全面戦争で自民大勝だったでしょう(比例投票は希望は小池が代表になった時に自民に迫るような数字でした)。

          となると残りそうなのは、民進系希望・小池チルドレン・希望にぶつけられなかった民進候補ですね。

          「たられば」になってしまいますが、やはり小池氏が出てきた時点で、苦しかったのは4党共闘です。

          前原氏の希望全員合流というムチャクチャ案に民進・自由の全員が乗っかったことからも当時の状況は推測できます。

          • 匿名 より:

            まさに「たられば」ベースで議論は成り立たないけど、
            合流がなかった場合、民進からどれだけ希望に流れたのか?
            管理人さんもわかってるように、地方の人は民進が良かった人がほとんどじゃないかな。

            民進のお金と組織力も得られないですよね。
            安倍を倒すと言いながら、過半数も用意できなかったかも知れない。
            小池への感心も、地方は都心ほど高くないし。
            いくら風に乗っても、都議選のようにはいかなかったんじゃないかな。

            希望の財源はとても気になる。
            何か知ってますか?

          • 健康オタクなMr.K より:

            ほぼ同意。

            >何か知ってますか?

            何も知りません。すいません。

  6. 匿名 より:

    さー次は2019衆参同日選ですよ。支持者として共産党は立て直しと変わらぬ支援をしていきます。立憲支持者も次の2019戦に向けて考え続けて立憲議員を見つめ続けて下さいね。次は立憲が政権奪還ですよー。

  7. 匿名 より:

     結局は百合子と前原に尽きる!!

     戦争前のAクラス戦犯。

  8. 匿名 より:

    野党共闘で政策が同じなら、より大きい影響力を持てる政党に票が集中するだけなんよな

    同じような商品なら大きいメーカー品選ぶでしょ
    無党派はそんなもの

    小選挙区と比例で政党分けるとか面倒も無党派はしません
    小選挙区の候補者下ろしたのは失敗だと思うよ、共産党は小選挙区全部立てる体力ないから仕方ないんだけどさ

    共闘続けるなら共産党はずっと10議席しか取れないまままだろうと

  9. 匿名 より:

    死に票があまりにも多過ぎるメチャクチャな選挙制度なんだから当然の発言。

    共産党の云っている事にはブレが無くて好きだ。「関わっていたら、辞めますよ」と啖呵を切った奴とは大違い。

  10. 匿ちゃん より:

    希望の間抜け若狭はまだこんな事を言ってます。
    『若狭さんは豊島区の事務所で「立憲民主が立ち上がったことで、自民党の(批判の)受け皿が分断されてしまった」』

    オイオイおまえんとこ(希望が)四党合意を潰したんやないかい・・。
    スシロー曰く。自民が恐れていたのは「民進+共産」やと。
    これを見事に潰したのは希望やないかいな。アホ言うたらあかんで。

    この若狭(ばかさ)コメントを読んで、ホントに「希望」が野党第1党にならなくて良かったと思う。変な「希望」の議員が増えて野党第1党にでも「希望」がなっていたら、その方が国民にとっては更に(国会運営上)マイナスでした。

  11. 匿名 より:

    >共産と社民が合体して「労働党」はどう?選挙に来なかった5000万人にリーチするにはいいと思うけどなぁ。

    今後の国会での質疑を考慮し、立憲民主党を軸に共産・社民・自由・無所属で会派を作るのがいいと思うよ。
    野党の再編は焦らないほうが良い。

    • 匿名 より:

      会派をつくるのはいいと思います。それで質問時間がふえるんでしょうか。それならいいと思います。

      共産党は民進(立憲)とは交わらないほうがいいと思います。政権を狙う枝野さんの勢いを市民と一緒に支えていくのはいいと思いますが、深くかかわらないでほしい。連合は労働者の味方ではないと思うから。

  12. 匿名 より:

     チンピラ石原のところへ送り込んだのが、あんなに居ては刺し違えすら不可能だ。

     俺の選挙区も似たようなものだった、小選挙区はゴミ捨て場同然だ。

     でも戦死した時に恨むのはやっぱり今治から百億カツアゲた国難男だな、もう国全体が国難だが。

  13. 匿名 より:

    いやあ得票数の結果見れば明らかなんだけど。九州、群馬、栃木、茨城の保守王国では共産党は候補者建てないで欲しい。殆どが惨敗レベル、思い出選挙でリベラル票を食うのは意味がないと思う。。ほんとに戦略的にやらないと自民党には勝てんよ。

  14. ひょろびり より:

    志位共産党は立派だった。
    わが身を捨てたスタンスは汚濁にまみれたアベ一派が蹂躙する政界の清涼剤だった。
    私はこれからも応援する。
    民進党から希望に移った前原代表はじめ衆院議員は「助平根性」があったのだろう。
    あの都議選の自民党をせん滅した小池旋風がまだ鮮明に網膜と脳裏に焼き付いていたのだ。
    小池の元に寄らば当選の風に乗れると。
    マスメディアも体制に毒されているから小池を批判しない。
    しかし彼らのアタマに都議選は創価の支援があったから小池は大勝したという重大な事実があっただろうか?
    今回の選挙で創価は従来通り自民と一体で必死に支援し働いた。
    野党民進党の議員の浅はかさはマスゴミに叩かれ続けてきたトラウマを差し引いても大失敗だったと思う。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑