【自公3分の2】立憲民主党を支持した人は、なぜ、えだのんや福山が推してた「戦略的投票(接戦区での民進系希望への投票)」は無視したの?「立憲・社民・共産で156議席」なんて言っててよかったの?

公開日: : 政治経済


スポンサーリンク


以下ネットの反応。

「誰々に入れたい」「誰々に入れたくない」という個人個人の感情が優先された結果、「自公(与党)で310議席」「改憲勢力で370議席」という結果が得られました。

もっと自民の議席が削れていたら自民党内が荒れる可能性、せめて与党で3分の2が割れていたら自公連携が乱れる可能性、いろいろ考えられたんですよねぇ。

えだのん達を支持してる人も、結局は自分が見たいものしか見ないし、聞きたいことだけしか聞いてないんですよね。

そして小池百合子を悪魔化し(ロクなもんじゃないですが)、「希望と自民のどっちの議席が増えても一緒だ」と騒ぎ立てた人たちは、この結果に満足しているのでしょうか?「次回の選挙なんかない」という人たちこそ、今回戦略的投票を進めるべきでした。

次回の選挙のためにも、選挙結果(票数)を詳しく見ておくのは重要です。もし次にチャンスがあっても、また野党が割れる選挙になる可能性は十分にあります。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    だから何で民進系だろうと希望に投票しなくちゃならんのだって。誰しもが自民補完勢力って分かり切っているのにここの管理人は二大政党制の意味を履き違えてやしないか? でなけりゃ、よっぽど緑の狸を担ぎ上げたいかになるんだが、それならいっそうのこと「ぼくは小池を推しています」と宣言したらどうだと思う。
    枝野や福田は「緑の狸と違う器量の広さ」を見せるために便宜上言っただけで、野党共闘を潰した緑の狸と言うだけ番長には相当腹の中が煮えくり返ってることだろうよ。うまく離れたのは小沢かな? 氏は協議の場に居なかったことと共産を応援したことで今回の戦犯からは終始外れてたもんな。

    • 匿名 より:

      逆の意味で、
      日本会議は素人?に近づいていくときは腰が低い
      に、つながっていく話のような気がしますが。

    • 健康オタクなMr.K より:

      自由党の議員は希望から立候補してますし、当選してますよ。

  2. 匿ちゃん より:

    「戦略的投票」で「希望」が野党第」1党になってたら・・・どういうことが考えられるか思案してみてください。
    (「戦略的投票」は一般論としてはあっても良いと思います。)

    僅差でも「立民」が第1党になって良かった・・これが正解です。
    もし「希望」がなっていたら・・国会運営上かなりのマイナス面が出てきます。

    でも今回の場合、分裂の張本人を免罪するような「希望」に一票は無いです。

    戦犯前原は希望に入るそうです。そこに入れるって・・・

    • 匿名 より:

      現状では小池は、都ファも分裂しかねない状況で、勢いを無くしてるし、
      国政に出て来ないとわかった時点で、あまり危険視してません。

      なので、希望が野党第一党になったとしても、そんなに大騒ぎしません。
      (最初は警戒してましたけどね。事情が変わったので)

      ここらへんの考えの違いが、戦略的するしないになるのでしょうね。

      • 匿ちゃん より:

        >希望が野党第一党になったとしても、そんなに大騒ぎしません。

        大騒ぎをするとかしないとかの話ではないです。事実としての話です。

        「こんなに違う 野党第1党と第2党 」
        (日経からの引用と言う形でブログでかかれているので参考にしてください。)
        https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22576890T21C17A0000000/?dg=1&nf=1

        単に相手の数を一つ減らせた、反自民を増やせたというだけではない事を知る必要があります。
        ましてこの選挙で希望の果たした役割を軽んじるわけにはいきません。

    • 健康オタクなMr.K より:

      途中から立憲が野党第一党になる可能性が出てきましたので、確かにその心配もありますが、無所属野党がいますし、希望はすでに選挙前に崩壊状態でしたから、僕なら迷わず戦略的投票します。

      民進系希望を増やして希望に第一党を取られるリスクよりも、自民の議席を削る方を優先させます。

      ただ、「野党第1党確保論」は理解できますし、検討すべきかも知れません。

      あと、民主・無所属議員たちが戦略的投票を進めてる、希望の候補の応援に入っているという事実が重いかと。

  3. 愛国者 より:

    いくら戦略的投票を呼びかけたって実行するやつは一部
    比例は共産とか言って議席減ってるしこれも本当に入れたのかあやしい

    まずは小選挙区制を廃止すべき

  4. 匿名 より:

    自公「共産党のおかげで今日も飯がうまい」

    • 匿ちゃん より:

      それもいうなら「みどりのおばさんありがとう、それに前原さんのおかげです」じゃないですか?
      みどりのおばさん自身がそうおっしゃってますよ。
      「自民党を利したかもしれない」と。

  5. 匿名 より:

    トランプはレイシストに支持されていたとして左の人たちから非難されるが、米国民が本当はあまりトランプが好きでなくてもヒラリーを大統領にしないため”戦略的投票”したのだと思う。それは優れた見識であろう。
    だが、同じくレイシストに支持されていた小池百合子氏はトランプと違って最近も国家戦略特区の会合で安倍や竹中と打ち合わせをしているような人だ。かつてはネトサポの役職にもついていた。そのような危険性をはっきり意識しつつ戦略的に希望に合流するほどの政治家なら支持してもいいが、そうでないなら民進党出身なのでよさそうという期待はもてない。

    • 健康オタクなMr.K より:

      でも、自民党内の政治もありますからね。
      今は安倍チルドレンが多く、安倍・清和会1強状態ですから、こんな状況になってるわけです。

  6. 匿名 より:

    立憲民主は60代の17.8%が支持するなど高齢層の支持率が高かった。最も高かったのは60代。70歳以上が16.7%とそれに次いで高かった。10~30代ではいずれも10%を下回り、高齢層ほど支持を集める傾向が強かった。共産も高齢層のほうが若年層より支持率が高かった。
    日経新聞より

    立憲民主の支持者のメインは高齢者
    高齢者の投票率が高いからこれだけ議席が取れた

    ただし60代70代の人はネットなんか見てない
    情報はテレビだけという人がほとんどなので仕方ないといえば仕方ないね

  7. 匿名 より:

    私も「戦略的投票」を呼びかけましたが、
    有権者の多くは、理性より感情で行動するという事を学習しました。

    それとコレ、
    「立憲3党が選挙協力せんかった選挙区がダラなほど多かったこと」
    こんな状態で、有権者に「戦略的」だのみするのも、ムシがいいような気がする。

    そして有権者の大部分は「戦略的」のせの時も知らない。
    ここに来るような人はマニアックなのだという事も考えた方がいい。

    小選挙区制が続く限り、戦略的でなければ勝てない。
    けど、半分が投票に行かないような状況で、戦略的にと言っても難しい。

    せめて、戦略的がイヤだって人は「小選挙区制ヤメロ」の声を上げましょう。

    • 健康オタクなMr.K より:

      >ここに来るような人はマニアックなのだという事も考えた方がいい。
      小選挙区制が続く限り、戦略的でなければ勝てない。
      けど、半分が投票に行かないような状況で、戦略的にと言っても難しい。

      でも、どこかで始めないとずっと同じことの繰り返しになってしまうかも知れません。

      • 匿ちゃん より:

        一人の勝った負けたよりも重要なこともある・・今回はこれです。
        野党分裂の策動をした勢力を押すわけには行きません。
        それと「立民」が野党第一党になるのと、ならないのでは国会運営において随分違いがあるという事です。
        「希望」が第一党では国会運営で自公を助ける可能性が圧倒的に高いです。
        野党第一党と話をして審議日程、法案内容等は決められます。
        そういう事を考えると「希望」を大きくする事はベターじゃないです。

        • 健康オタクなMr.K より:

          そうするとえだのんや福山や岡田や蓮舫や有田や小西などなどが希望の議員を推したり、応援演説してたのはどういう理解になるのでしょうか?

          これ野党第1党を希望にする可能性もあるわけですから、おかしくないですか?

          僕には野党第1党よりも、民進の仲間を救うことを優先したように見えます。

          希望に行った人たちは党の決定、県連の決定に、仕方なく従ったという人も多いようです。

          えだのんも立憲民主立ち上げようか相当迷ってましたしね(票割れを恐れて)。

          • 匿ちゃん より:

            >えだのんや福山や岡田や蓮舫や有田や小西などなどが希望の議員を推したり、応援演説してたのはどういう理解になるのでしょうか?

            それはその人らに聞いてください。
            正直言って「立憲の弱さであり」「いい加減なところ」じゃないですか?
            僕は「昔の仲間・・・」何を言ってるんやと思ってますよ。
            こういうところに市民との共闘や共産党との共闘を軽んじてる姿勢が見えます。
            京都一区の穀田のところへは挨拶にも来ないで、京都六区の山井のところに応援に行った福山の態度なんてちょっと酷いと思いませんか・・。

            管理人さんがいくつかの選挙区をあげて「戦略的投票をしよう」と呼びかけてられましたわね、僕の選挙区がはいっていたんですけど、あれを見る限りでは戦略的投票の呼びかけは共産党支持に対してじゃなかったですか?

            元民進がお仲間を応援するのと、共産支持者に「戦略的投票せよ」と話をこんがらかしていけないですよ。

          • 健康オタクなMr.K より:

            共産党支持者の方は志位委員長がああいう方針を立てた以上なかなか難しいでしょう(話は聞いて欲しいですが)。

            僕がイメージしてるのは無党派・立憲・社民(公明・自民)支持者でした。

            >「昔の仲間・・・」

            これもあるかも知れませんが、国会運営上、自民単独で絶対安定多数取られたら、何もできないというのもあるのではないかと思います。

    • 匿名 より:

      それが大きな誤解。
      有権者が感情で動いている事は否定しないが、このブログでコメントする人たちは俺みたいに鬼謀が明らかに自民補完勢力であることを理解していたから鬼謀に投票する気が無かった人の方が圧倒的に多いのに、一括りにしないでもらいたい。
      だいたい、もし希望が野党第1党になっていたら、また緑の狸が我が物顔でしゃしゃり出てきて国会運営はでんでん一味の思惑通りにしか動かないことは目に見えていた。
      どう読解しても緑の狸推しとしか思えないのに戦略選挙投票に参加しなかったお前らが悪いなんて言うな。何度でも言ってやるが自公が減ろうがその分を鬼謀が議席を取っていたら何も変わらなかったのだから、今回は野党第一党を立憲民主が取れただけまだマシな話。もちろん枝野が国民を裏切らなければ、の話だがな。

      つーか、管理人さんは「ぼくは小池推しです」って宣言したらどうだ? どうも、それをオブラートに包もうとしている感が否めない。

      • 匿名 より:

        よく読んでくださいね。
        私は
        >有権者の多くは、理性より感情で行動するという事を学習しました。

        と言いましたが、

        >ここに来るような人はマニアックなのだという事も考えた方がいい。

        とも言ってます。一括りにはしてません。

    • 匿ちゃん より:

      >理性より感情で行動するという事を学習しました。

      そしたら僕は感情で行動したんですねw
      これからも感情で行動しますわw
      誰が、何が悲しゅうて「希望」に入れんならんのや・・と言っておきますわw

      ※「戦略的・・」否定しないけど、でもケースバイケースですな。

      小選挙区制・・言うまでも無く諸悪の根源・元凶はこれです。
      そんなもん分からん奴は、ここには多くはおらんと思いますよ。

  8. 匿名 より:

    トランプとヒラリーはどっちも大金持ち。どっち選んでも労働者の味方にはならないんだよね。自公を倒す為に希望に投票も改憲勢力を増やすだけ。

  9. 匿名 より:

    座間宮ガレイがわかってないだけ。

    あれだけ希望の党が勝手に自滅しまくったら、戦略的投票の呼びかけなんて意味をなすわけがない。

    それより立憲が惜敗した地区で、希望が足を引っ張ってるのを見ろ!

  10. 匿名 より:

    俺は期日前の初日に投票したが、そんな事を云ってる奴は誰も居なかったんだが。

    そんなの後から言われても困る!

  11. 匿名 より:

    ネットで戦略的投票呼びかけるより学会員の人達のアナログだけどフレンド作戦が1番効果的なのかも。電話より自宅訪問。でも私はできないな…。

  12. 愛国者 より:

    安倍や小池百合子がやりたかったのは希望を野党第一党にして憲法改正を進めやすくすること

    希望をあといくつか勝たせて野党第一党にさせるよりは現状の方がまし

  13. 匿名 より:

    焦りすぎでは?傲慢にも見て取れる“戦略的投票”推し

  14. 匿名 より:

    戦略的投票を無理に押し続けると離れる有権者が増え続けるよ。
    選挙の技術論で他人が嫌がることを押し付けてもね。
    「お前やれ」と指図するだけの高見猿は周囲から冷たい目で見られます。

  15. 匿名 より:

    ネットをよく見ているとわかるが、自民党系まとめブログは単に安倍を擁護するだけでなく、対立の構図まで設定して押し付けようとする。つまり、彼らは立憲や共産だけでなく、希望の党をも叩くことで自民党との対立を印象付けようとしている。彼らは戦略的に動いていて、わざわざ自分たちに都合の悪いことなど絶対にしない。希望の党が左派から嫌われていることも知らないはずがない。それでも叩く側に回る以上は思惑があるのだ。
    そういった相手側のネット戦術の状況への警戒感の無さが日本の政治が負のスパイラルから抜け出せない一因のように思われてならない。

  16. 匿名 より:

    あと、勝つために戦略的投票ですが、じっくり地道にやることが大切なのでは。
    先走って小賢しい合流をして政党を破滅した前原と同じになりますよ。
    候補者への嫌悪感に耐えて鼻をつまんで投票した後に数年間その事で後悔し続けることを他人へ押し続ける残酷さが酷いです。
    投票するのは有権者が自主的に決めることです。創価学会の学芸員みたいになりたくない。

    • 健康オタクなMr.K より:

      押し付ける気なんて「さらさら」ありませんよ。

      ただ考える材料になればと思っての事です。

      ネット著名人が「立憲・共産・社民で156議席」とミスリードしまくってたのを見て、ヤバすぎと感じたのです。

      70議席(無所属入れて90議席)で全然ウソじゃねーか。小選挙区で共産に入れたの死票じゃねーか。

      と、騙されたと思っている人も多いはずです。

      • 匿ちゃん より:

        当選しなかったら「死票」・・・じゃないと思ってます。
        受け売りですけど。納得したので貼っておきます。

        「死票」とは、たとえば、当選できなかった日本共産党や社民党や立憲民主党の小選挙区候補に投じられた票のことではありません。

        「死票」とは、見識のない数合わせの自民党タレント候補や差別扇動思想や大日本帝国史観を持っている有名人候補を当選させた票のことです。

        また、「死票」とは、森友・加計疑惑は解明されていないと考えている人が自民党に投じた票のことです。

        また、「死票」とは、平和主義と福祉重視を信条とする公明党員が公明党に投じた票のことです。

        また、「死票」とは、選挙が終わってしばらくすれば政党助成金とともに消えてしまう、党代表の知名度にだけ頼った急ごしらえのポピュリスト政党、たとえば「希望の党」に投じられる票のことです。

        また、「死票」とは、一度も国会質問もせず質問主意書も出さない実績皆無の議員を当選させた票のことです。

        また、「死票」とは、スキャンダルや問題発言だらけの議員を多数抱える政党に投じられた票のことです。

        また、「死票」とは、総裁が行政権、司法権、立法権を好き勝手に操り、マスコミも操作して税金や統治機構を私物化する巨大政党に投じられた票のことです。

        また、「死票」とは、有権者への裏切りや公約違反について、「お約束と異なる新しい判断」と言って片づける、信用ならない人物が総裁をつとめる政党に投じられた票のことです。

        また、「死票」とは、自らが発する嘘やだましや不正を何とも思わない議員のいる政党に投じられる票のことです。

        僕はこの文言に納得して、当選はしないかも・・と思いつつ投票しました。

    • 匿名 より:

      残酷って?
      管理人さんが自分のブログで何を主張しようと(反社会的な事でない限り)自由だし、
      あなたがそれに従うかどうかも、あなたの自由ですよ。

      • 匿名 より:

        他人の心情の事を考えず、それでも程度を超えた戦略的投票を指図し続ければ、それは残酷と言っているのですが、他人の心の痛みがわからないから言いました。反社会的でなければ犯罪でなければ何をしてもいいは、あの長谷川豊と変わりません。
        いい加減にせんか。

        • 匿名 より:

          「犯罪でなければ何をしてもいい」なんて言ってません。
          長谷川豊の発言は反社会的だと思ってます。

          • 匿名 より:

            あなたは(反社会的な事でない限り)と言ってますので、それ以外だったら何をしてもいいって事です。得手勝手もやり過ぎれば卑怯です。

  17. 匿名 より:

    希望が自民と合流って話出てるけど。

  18. 匿名 より:

    自、希、共なら希望に入れた方が自民を蹴落とせる可能性はあったわな
    しかも、希望の党は小池氏以外は烏合の衆であり政権を担うほどの数は集まらない
    だが、自公は三分の二を割られたらそれだけで安倍さんの責任問題に発展する
    連立を組むにしても、自民党議員ほど手馴れていないし脇も甘いから総崩れに持ち込めたかもね
    まぁ今更だが

  19. umauma より:

    ボクの住んでいる静岡6区は、自民・希望・共産の争いでした。今回一番入れたかった政党は立憲民主(それが出来るまでは社民)でした。
    で、実際投票したのは希望の渡辺周議員。尖閣諸島に行っちゃったりタカ派の物言いで正直絶対に好きになれない人です。でも鼻をつまんで投票しました。
    開票率99%まで当確の出ない大接戦でしたが自民の勝又さんを抑え渡辺さんが600票差の薄氷の勝利でした。静岡の小選挙区は全8区のうち自民が6、非自民が2(いずれも希望・うち一つは細野さん)。少なくとも自分の小選挙区で自民でない候補を送りだせたことは国政にそれなりの影響を及ぼしているのでないかと自己満足しています。
    ちなみに比例区は共産党に入れました。投票日前日の東京新聞に、すでに出口調査で比例東海ブロックの立民党はほぼ全員当選する分の票が見込めるとの予測。反面、共産党は立民に票が流れてしまったため、改選前2議席のうち1議席が危うい、との情報があったためです。結局共産は東海ブロックの議席を2から1に減らし、その議席を公明党が持って行きました。
    自分が戦略的投票をしたのかどうかなんて判りません。そもそも数十万票のうちの僅か1票ですから大局に影響はないでしょう。でも投票日に知人にもSNSで呼びかけたりはしました。他の人がボクの行動をどう評価するのかなんて判りませんが、次の選挙(があるならばですが)もまた同じように行動すると思います。

  20. 匿名 より:

    まー改憲政党である希望に投票なんざ絶対あり得んわな
    改憲議論となれば自民と歩調を合わせるわけだし
    小池のもくろみとしては目障りな安倍をここで下ろして
    自分が首相になるための地ならしをするつもりだったんで
    しょう
    彼女の眼には国民なんか映っていませんよ

  21. 匿名 より:

     50も取ればまずまずじゃ??改憲阻止が増えたし。維新が半減したのが大きいかな、一番危険思想の連中だし。意外とシカトしてるのが多いな、嬉しくないの?

    • 匿名 より:

       でも、共産との合計だと55+12で67ですよね。私は立民が45で共産が25の最低でも70はいくかなと思っていたので護憲勢力は以外と伸びていないなという印象ですね。共産の票を吸い上げただけのような気もするんですね。あと社民と民進の無所属をあわせると20ぐらいになるのかな?合計でも55+12+20で87?やっぱり、希望系民進をなん人か取り込む必要がありますね。それでも全然足りないのか。

  22. 匿名 より:

     本当は立憲候補者&日本共産党に入れたかったが、立憲が居なかったので逆にした。次回は候補者を出してくれると信じてるよ。でもその前に無駄な東アジア戦争を止めるのが先決!

  23. 匿名 より:

    黙っていたので舐められました。大部分の脳味噌空っぽは。

    しかし、私は入れた。舐めてもらっちゃ困るな!!

  24. 匿名 より:

     戦略的なんたら、ってのはこの選挙間違いだと思うな。わたしゃ愛知県人だが井桁マサルの息子を見た時はひっくり返った。息子の方も山梨県と関係無いでしょ、200人余りも候補者擁立は並大抵では無いがそれにしても戦略性皆無……呆れたよ、この都知事にゃ。

  25. 匿名 より:

    戦略的投票なんてことは、野党の共闘が成立し、その共闘の中で「戦略的投票」なるものが成立する。
    小池・前原さん達の希望云々の動きにより、「戦略的投票」は消滅している。選挙直前の、希望の出現、民進の分解により、残された手法は、戦術レベルの行動しか残されてはいない。
    この間に合わせの戦術をもって、戦略の穴埋め、補完など出来るはずがない。みなさんご承知のはずだったことです。

    民進党の最後のチャンスは、蓮舫代表の引きずりおろしの際に、其々思うところを同じくする人たちによる新たな組織建てだったと考える。
    4月以降、早期に解党するよう書き込みなどしてはいたが、時期が遅すぎたですね。
    立憲民主党は、状勢のみで右顧左眄する類の人達とは、一線を画していたほうが、政党・結社としての一体性を保っていけると思います。
    決して、民進党の二の舞にならないことをお願いいたします。

  26. 匿名 より:

     私の選挙区も自民対希望対共産の図式でした。管理人さんと同様に自民の議席を削るのが最優先と考え希望の候補に投票しました。私に関しては戦略的投票を長年、実践しているので全く抵抗感はないですね。どうしても落選させたい候補者がいる場合は、たとえ自民党の候補者であっても投票することもあります。考え方は人それぞれだからあまり強要しない方がいいのかな。
     野党第一党を確保することの重要性に関しては、正直いって全く考えていませんでした。勉強不足を反省しなければならないですね。そうすると、希望に野党第一党をとらせないために自民に投票する戦略的投票も考える必要があったのかな?でも、野党第一党の価値と自民の議席を削ることの価値を比較したらやっぱり後者のほうが重要だと思うな。戦略的投票も難しいですね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑