【悲報】金持ちほど選挙に行き、貧乏人ほど棄権する

公開日: : 政治経済


スポンサーリンク


以下ネットの反応。

このデータがどういったものかわかりませんが、出口調査ではないですよね。

本来ならば選挙に行って、社会の仕組みを変えて、救ってもらわなければならない人たちほど、選挙に行っていないということがデータでも出たという事ですね。

この棄権層にリーチするならやっぱ労働環境の改善しかないでしょう。

選挙に行く人でさえ「支持政党なし」に15万票(東京)入れちゃうぐらいですから、「労働者の味方党」作れば各比例ブロックで1議席ぐらいは確実に取れるのでは?

次に躍進するのは「社畜を救う党」でしょう。

社民・共産なんてピッタリだと思いますけど。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    「社畜を救う党」

    ちょっと悪い言葉を今から使います。
    果たして豚小屋にいる豚や牛舎にいる和牛が生物的な立場を改善できるのでしょうか。
    人間も非正規労働者や病人は、何度もしつこく言い続けて「選挙」という制度がまったく理解できない。これは人間の資質なのか、それとも教育が原因なのか?
    教育で改善できたら希望を持てるのですが…

    • 匿名 より:

       ずばり、勉強嫌いだと思います。

       行政の長をやっている奴が「立法の長」だと云ってるんですよ、大笑い。

    • 匿名 より:

       私も昔、某ブラック企業で働いていたことがあるのですが、休みがないので選挙にいくことができないんですね。そのくせ某宗教政党の名簿が回ってきて強制的に氏名、住所などを書かせられるという・・今でも、非正規のひとはこういうひとが多いんじゃないですかね。

      • 匿名 より:

        とは言え、いくら非正規社員増加の時代でも、貴殿のような例は少数派でしょうから、やっぱものぐさで情報収集しない貧乏人が自爆しているって気がします。

  2. 匿名 より:

     貧乏ですが、昔から共産へ入れています。

     でも、6年前のカン政権と枝野氏には本当に救われた・・・・本当に本当にありがとう!

     そして世の中には不浄なゾンビがその後増加、そう彼らにお礼どころか罵声しか浴びせない死者が多数。

    • 匿名 より:

       突然、消費税増税に舵をきったのは、菅内閣のときなのですが・・忘れちゃったかな?

      • 匿名 より:

        それを実行したのは自民党
        やらなくていいなら、凍結もできたはず
        民主党よりも議席数多かったんだからねw

  3. 匿名 より:

    まさに、貧すれば鈍する。

  4. 匿名 より:

     支持政党なしの得票数が125000票とは驚きですね。なんと、社民党の得票数の2倍以上とは・・埼玉4区の豊田真由子も21000票も取って供託金没収を逃れていますね。もう支援組織もないだろうにこれは凄いな。レイシストの杉田水脈も当選するし、理解不能の選挙結果です。

  5. 匿名 より:

    自民党は戦後一貫して教育予算の削減にはげんできた。
    彼らの狙いは底辺国民の無知化と中流以上の自民への取り込みでしょ。
    文科省もこれに追従し、もはや日本の教育は崩壊しているという事。
    全体の投票率を下げ、無知な国民には投票棄権をしてもらえば党は安泰。
    日本の今の老人世代がいかに無知で、政治の家庭教育してないかよくわかる。
    日本では学校も家庭も、生きることに必要な本当に重要な事を全く教えてない。
    その結果がこれ!!

    • 匿名 より:

      貴殿の意見は間違いじゃないと思うし、俺もそんな気はする。
      ただ、俺はもう少し考え方が違っていて、教育カリキュラムに『政治学』と『経済学』を組み込んでいないところが問題だと思っている。
      日本人ほど強制的にやらせないと自分では何もしないものぐさな民衆は居ないんで、『やったことのないもの』は知らないままで行って分からないまま、国や景気動向を左右するということをまったく意に介さず選挙行動を起こす(棄権や惰性で自民と書く)馬鹿が多いことで証明されている。

      まあ、さすがにそれを70年続けたと思わないが、でんでんになってからは明らかに顕著になってきて大学でも文系学部(法学、経済、文学、教育学等)は軽んじられる傾向が強くなってきたのは怪しいよな。大学生も理系重視ってことは言い方は悪いが生産マシーンを量産するだけで、政治経済教育には目を向けないように推し進めているとしか思えん。

  6. 匿名 より:

    そんな気がしたわ。まあ金持ちからすれば金持ち優遇税制を続ける自民を支持しない理由は無いしな。
    ただ、俺も貧乏人だが選挙にはちゃんと行くぞ。何で貧乏人は選挙に行かないんだ? 昔の、娯楽と言えばテレビ、情報源は新聞、なんて時代じゃないのに、まさか自分の貧乏が自己責任だとでも自己陶酔しているのだろうか。だとしたら救いのないアホだ。確かに自分が貧乏なのは○○の所為だ、というのは責任転嫁っぽいかもしれないが、ちゃんと情報を集めれば『自分だけ』が原因で貧乏でない事は分かるはずなのに、結局、自分からは一切と言っていいくらい情報を収集しないでマスゴミプロパガンダを真に受けてるってことなんだろう。とりあえず「誰が政治家になっても変わらない」なんて言ってはばからない馬鹿はマスゴミプロパガンダ鵜呑み派。つーかー、こういうのが多過ぎるのが日本と言う国でホントどうしようもない。

  7. 匿名 より:

    1:43 AMさん。本当にその通りだと思います。
    短い期間でしたが、民主党政権には沢山の幸せを頂きました。

    今にして思えば、最も人間らしい・日本人らしい心を持てた時代だった気がします。
    感謝の心を持てない人間が増えたというのも同意見です。

  8. 匿名 より:

    一億総活躍が国民の政治への無関心化と税金徴収の最大化の総仕上げだと思う。
    政治の教育は難しいもんじゃないと思う。
    司法、立法、行政で一番強く、国民、社会、経済を意のままに出来るの立法だから。
    ここを中心に国民が常にチェックしてないと簡単に国は悪い方向に行くだけと言う事。
    そのために選挙、選挙制度には一番国民は注意、参加しないといけない。
    政治、政党、議員が一番恐れるのは憲法の縛りと、選挙だけ。
    これを簡単に悪用できる社会にされたら、国と国民はおしまい。
    今は非常に危険!!

  9. 名無しのK-POPファン より:

    行く時間がないといいますが、
    期日前投票は約二週間前からできますので、
    さすがにそのうち一日ぐらいは投票できる日があるのではないかと思いますけどね。
    やっぱり選挙に行く事が大事だって意識に欠けているっていう理由のほうが大きいと私は思いますけどね。

    • 匿名 より:

      >選挙に行く事が大事だって意識に欠けている

      どうして意識に欠けてるのかという問題。
      政治との距離がありすぎるんじゃないかな。
      道を歩いてて、遠くに見える国会議事堂より、目の前に迫る車や人にしか注意が行かない。
      国会議事堂を見なくても、歩くには不自由しない。

      危機感がないと「投票が大切」という気持ちになれない。
      知らなければ危機感も持てない。
      危機感がなければ、積極的に情報を求める事もない。
      時間の無い人が一番簡単に情報を得られるのはテレビだけど、テレビに全く危機感が無い。

      危機感無くても選挙は大事なんだけど、その意識を持つためには、教育から変えないとね。
      今、それを望むのは無い物ねだりでしょう。

      危機感の見える化が必要なんだと思う。
      どうすればいいのか?

  10. 匿名 より:

    貧乏なほど時間的余裕がないから、というのはまったくの的外れだと思います。
    結局教育の軽視が選挙の軽視につながっていると見る。
    貧乏な境遇の一因が政治だということが分かってない。

  11. 匿名 より:

    このデータ本当かよw
    相撲や歌舞伎や祇園のタニマチは自民党支持だろうね。私達庶民では自分の生活で手いっぱいで文化や伝統は支えられない。
    でも公共工事で儲けてカイエンやマセラティ乗り回してる地方に文化あるとは思わないんだよね。それだったら東京の下町の方が美味しい蕎麦屋や定食屋があった。町工場の零細の人達は銀座や日本橋で装飾品買い毎日の買い物は地元商店街で昼食は近所の蕎麦屋や寿司屋、ラーメン屋の出前で支えてた。この人達は公明党や共産党支持だった。それも今や海外製品におされ本人達の高齢化で廃れてきちゃった。立憲民主党は是非庶民の味方でい続けてほしいしこっちも支えないとね。

  12. 匿名 より:

    細かい事だけど、金持ちさんの棄権8%は6%の間違いでしょ。数字が合いません。

  13. 匿名 より:

    問題はネトウヨ率だな

  14. 匿名 より:

    こういうのって差別っぽくかんじるのだが

  15. 匿名 より:

    移住するから選挙行かない

匿名 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑