”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ

【衆院選・佐賀】「全員で希望に合流する」という党の決定に従った大串が(民進)県連に残れず、独自の判断を貫いた原口が残るというねじれが起きかねない

投稿日:

民進の行方 野党再結集へ正念場 衆院選さが2017<乱 選択の先に(下)>

県内政界図を塗り替える歴史的勝利。それでも民進党県連には緊張感が漂う。「本当の正念場はここからだ」。当選の歓喜に沸く大串事務所で県連関係者は真顔でつぶやいた。

希望の党合流を巡り最終的に判断が分かれた原口、大串。2人の政治カラーと、希望がなじまないのは誰の目にも明らか。有権者は無所属で出馬した原口の行動を「勇気ある決断」と評価し、残った大串に批判が集中した。大串が逆風を跳ね返し、県連は「最高の結果」を手に入れたが、民進党籍を残す原口と、希望の大串という所属の違う衆院議員を抱えることになった。

 「全員で希望に合流する」という党の決定に従った大串が県連に残れず、独自の判断を貫いた原口が残るというねじれが起きかねない。県連関係者は最善の道筋として「希望と立憲民主、無所属、民進の参院が再結集し安倍政権に対抗する勢力となる。そうれば県連も団結できる」と語る。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

「野党候補一本化」のために希望の党に合流というのが一番の目的でしたからね(希望の党に対立候補立てられたら、当時の民進ではとてもじゃないですが敵わないし、喜ぶのは自民党だったわけです)。

そして、その民進党の方針に従った大串氏が民進県連に残れないかも知れないと。

やはり、「合流の経緯(踏み絵なども含め)」を徹底的に明らかにする必要があると思います。

そうでないと、民進の地方組織や地方議員がメチャクチャになってしまいます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-政治経済
-,

Copyright© 健康になるためのブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.