【暴露】自民武藤議員「民主党候補志望⇒一夜にして自民党候補」「遅刻の常習犯⇒謝罪はしない」のトンデモっぷり

CL3t1bHUEAAEmf4

安保法制反対デモの学生団体「SEALDs(シールズ)」に対し、「戦争に行きたくないだけ」などと中傷ツイッターを書き込んだ自民党の武藤貴也衆院議員(36、滋賀4区)のとんでもない過去が次々に暴かれています。

スポンサーリンク

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/162559/1

「2007年秋から(嘉田知事支持の県議会与党系会派の)『対話の会』が事務員として雇ったらしいです。雇った経過は知りません。武藤氏が代表質問などを書いていて、完全にダム反対論者でした」

当初は京都の民主党に「国会議員候補者にしてくれ」と頼み込み、それがかなわぬと、2009年に自民党の滋賀県第4区の公募に手を挙げた。

「2009年4月10日あたりを境に武藤氏は一晩で『僕は自民党の候補者になります』と言って、ダム反対からダム推進に変わりました。

みんなが呆れたといえば、遅刻の常習でした。1時間遅れるのは普通。下手をすると、2時間遅れる。遅れてきても、詫びもしない。1期目で当選してから知事と国会議員の意見交換会が年2回あるのですけれども、その時も1時間も遅れてきて『すみません』もなかった。石破幹事長(当時)に地元の国会議員が会いに行った時も遅れて、この話は有名になっています。朝、起きられないようです。とにかく子供っぽいというか、社会人としての基礎が出来ていません

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

もう、自民党議員関係の記事は作っててもあまりにも下らなさ過ぎて嫌になってきます。でも、事実は事実として伝えていかなければなりません。

しかし、武藤議員は自民党の中でも期待の若手ホープですね。武藤議員の発言・周囲の動きを追っかけていくだけでも、安倍政権を退陣に追い込めそうな気がします。

正直僕は「文化芸術懇話会のメンバー」の一覧表を作った時から、武藤議員が一番気になっていました。トップの画像もわざわざ探して武藤議員にしましたからね。顔つきというのは本当にその人をよく表します。

【写真付き】「文化芸術懇話会」自民党議員メンバー37人。名前・顔・選挙区・派閥・電話・FAX・ホームページ・ツイッター・出身校掲載。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑