【報ステ・NHK・読売】今週の世論調査結果まとめ「内閣支持率微増」「立憲支持率下げ止まり、希望は下げ止まらず」「枝野氏、次の首相9%で4位に」

【報ステ・NHK・読売】今週の世論調査結果まとめ「内閣支持率微増」「立憲支持率下げ止まり、希望は下げ止まらず」「枝野氏、次の首相9%で4位に」

公開日: : 政治経済, 社会問題

2017年12月調査


以下ネットの反応。

立憲の選挙後の数値の変動は2014年の衆院選後の民主とほぼ同じです。

民進と分裂した分、数パーセントは無党派層を取り込めていると見るべきでしょうか(希望は維新系の数値だと思います)。

あとは、枝野氏が「次の首相」候補に顔を出してきましたね。進次郎が29%なのが心底怖ろしいですが、野党第1党の党首としての存在感は発揮しているのではないでしょうか。

希望の党は「党首クラス」の議員がいないことが、さらに埋没感を高めていそうです。

 

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 愛国者 より:

    毎回同じような結果になる愚民調査

  2. 匿名 より:

    テレビの洗脳率調査でしょう。

  3. 匿名 より:

    むしろ希望と民進の支持が共産に惨敗というのが笑える
    野党に右派政党は不要というのが市民の判断なんだろう。まあ、第2維新や第2日本の心なんかいらないしね。
    右翼や保守は全部自民とかいうファシスト政党が引き取って下さい(笑)

  4. 匿名 より:

    いけぇ~~~!!立件民主党!!やっちまえぇ~!!

  5. 匿名 より:

    毎度毎度の、どうでもいいような内容。
    毎月毎月、ご苦労様です。
    一体何に役立ってんですか。
    こんな調査結果とは、関係のないところで、政治はなされている。

    野党支持者に、諦めの気持ちを持たせようと、忖度した結果だろう。
    本当に、ご苦労様なことだ。

  6. 自公政権じゃ駄目だこりゃ! より:

    森友・加計疑惑に付いての説明責任を問う声や、個別の政策の支持の有無では不支持が多く、総選挙前も総選挙直後も「安倍政権続投を望まない」と言う回答がかなりの割合を占めた筈が、選挙前と同様に「内閣支持率は高いまま」と言う通常では考えられない結果を「大本営広報機関」が垂れ流しています。

    「内需」のみで景気・財政が維持出来ていた経済を、「非正規雇用拡大・消費税増税」で破壊し、企業の経済活動に大きな恩恵を与えていた「簿価会計システム」を国際基準に変えるとして「時価会計システム」に変更して体力を削ぎ落とし、技術開発などを軽視して「経営効率重視」に走った結果「新規需要獲得」「画期的商品開発」などは過去の神話となり、「衰退産業だらけ」の「美しい国」が出来上がりました。

    ちなみに小泉進次郎は、「ジェラルドカーチス」がコロンビア大学に押し込み、更に「ネオコンの牙城」ともされるCSISに在籍し、安倍同様に「売国の尖兵」でも有るのですが、、、。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑