【ネトウヨ解散!】安倍総理が「反中」から「親中」に転換!「一帯一路」と連携を目指す!鳩山元総理の完全勝利が確定!

公開日: : 政治経済, 海外

安倍首相、「一帯一路」と連携へ 対中けん制から転換

安倍晋三首相は、自身が掲げる対外政策「自由で開かれたインド太平洋戦略」を、中国主導の現代版シルクロード構想「一帯一路」と連携させる形で推進する意向を固めた。対中けん制外交の柱に据える同戦略の目的を転換し、新たな日中協力の足掛かりにする。複数の政府筋が17日、明らかにした。長期的視野に立って日本の安全保障と経済的利益を考えた場合、さらなる大国化の道を歩む中国との関係改善が急務だと判断した。

 インド太平洋戦略に関し、首相は中国への対抗措置ではないとの認識を示唆してきたが、今後は一帯一路構想との「共存共栄」を目指す姿勢を明確に打ち出す。


スポンサーリンク


以下ネットの反応。

安倍総理は今までの身勝手な「反中」路線で、国益を損ない続けてきた責任を取って辞任するのが筋だと思います。そんな国世界中探したって他にないんですからね。ほんとアホ。

そして、「親中路線」を徹底し中国とのパイプを築いている、鳩山元総理の存在感が今後大きくなっていくことは間違いないでしょう。

「反中」から「親中」への転換は日本にとって非常に大きな出来事です。

【おまけ】

しかし、興味深いのはこれからの「ネトウヨ(反中・嫌韓の差別主義者)」たちの動向です。

ツイッターでは「安倍総理、そんなこと言わないでぇ」という声も一部出ていますが、今のところ大物ネトウヨたちは沈黙を保っています。

韓国だけを標的にして、今までの反中をすべて忘却して「親安倍」路線を継続するのか、今まで通り「反中・嫌韓」を貫き、一部メンバー(そこまで系&和田、長尾、足立など)と共に、細々と活動していくのか、いいきっかけだとここでバカなネトウヨを卒業するのか、人生の分岐点かも知れません。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    鳩山をはじめ、初期民主党も外国人参政権とか余計なことをやろうとしなければ国民に警戒されず幅広く支持を得られただろう。あれで自民党の方が保守的というイメージが定着してしまった。
    今思うと、ネットで騒がれた民主党国旗切り裂き事件というのも、ヤラセだったような気がしないでもない。
    そして今は安倍政権やその他の偽装保守勢力が、それ以上の超弩級売国政策である国家戦略特区を進めようとしている。
    中庸を得た、しかし米国には媚びることのない政治勢力の発展を望む。

    • 匿名 より:

      日韓・韓日議連が共同声明 日韓合意履行求める文言なし 外国人地方参政権付与は明記
      12月11日(月)22時3分 産経新聞

      安倍晋三首相はメッセージを寄せ「困難な問題が日韓関係全体に悪影響を及ぼさないよう適切にマネージしつつ、未来志向の日韓関係を発展させたい」と訴えた。

      本当に安倍政権がやってること「だけ」無視してるやつらってなんなんだろうなあ

      • 匿名 より:

        安倍は最初から親中の売国奴です。
        著書「美しい国へ」の中で「中国人の若者を受け入れていきたい」と
        記していますし、官邸の記者会見でも何度も親中発言を繰り返している。
        それを「反中の日本を守る政治家」という虚像で隠し、日本人を騙し続けた。裏では特区制度を悪用して大好きな中国移民を受け入れ放題な環境を作っている。
        まさに最低最悪の総理大臣と言えるでしょう。

        ネトウヨの中には中国人も混じっているでしょう。そしてわざと応援している。
        安倍が親中なのは改正特区法ができた2015年辺りには中国側にもバレていましたし、安倍のやる政策の大部分は日本の富を吸い上げたい中国系企業が得するものばかりです。
        彼らにとっては日本人になりすます事など容易い。
        簡単に騙される事は今回の一件で明らかになっていますしね。
        そして安倍を応援するほど中国が富み、日本を疲弊させる事ができる。
        良いことづくめです。

        首相官邸
        内外記者会見 平成26年11月11日
        「私は、総理就任以来、地球儀を俯瞰する視点で、
         様々な国に足を運んでまいりました。
         その節目となる50カ国目として、今回、中国を訪問いたしました。
         8年前も、総理に就任して最初に、ここ北京を訪れました。
         首脳同士が、日本と中国の未来について、率直に語り合い、
         戦略的互恵関係を築いていくことで合意しました。
         そして昨日、習近平国家主席とも、その原則を確認いたしました。
         日本と中国は、互いが互いを必要としている。
         いわば、切っても切れない関係であります。
         その意味で、長く、日中の首脳会談が行われなかったことは、
         大変残念でありました」

        読売国際経済懇話会(YIES) 講演会2015 安倍総理スピーチ
        平成27年11月6日 
        「3年前、どなたかが私に質問されました。
         「安倍さんが総理大臣になったら、日中関係はもっと悪くなるんじゃないですか」
         相当ストレートな質問でありました。
         当時、野田政権の下で、尖閣国有化が行われ、日中関係は冷え込んでいました。
         そうした中で、私が総理になれば「日中関係はもっと悪化するのではないか」
         と考える方は、残念ながら当時、相当たくさんおられたのであります。
         ただ、私はその時「私は、民主党政権の人たちよりは、タフだ」
         「政治は現実なので、日本の国益を最大化すべく、考えていく」と、
         3年前、この場で、お約束をいたしました。
         結果は、どうだったか。
         習近平国家主席とは、既に二度の首脳会談を行い、
         戦略的互恵関係の原則を確認いたしました。
         先週末も、ソウルで、
         李克強総理と会談し、関係改善の流れを一層強化することができました。
         日本と中国は、切っても切れない関係です」

        日中企業家及び元政府高官対話(日中CEO等サミット)歓迎レセプション
        平成27年11月12日
        「日本と中国は、切っても切れない関係です。
         両国は、これまで相互の関係を深めながら発展してきました。
         日本政府は、日中関係を最も重要な二国間関係の一つとして、
         一貫して重視しています。
         昨年11月、習近平主席とお会いし、『戦略的互恵関係』に基づき、
         両国関係を改善していくことを確認しました。
         以来、日中間では様々なレベルでの対話・協力が再開され、
         全体として改善の兆しが見られます。
         両国が、それぞれ成長し、経済連携を強化していくことは、
         アジアそして世界の経済成長にとっても重要な意味を持ちます。
         日中両国が主導し、日中韓FTA及び東アジア包括的経済連携(RCEP)を、
         包括的かつ高いレベルで実現したいと思います。
         今月1日、ソウルで李克強総理と会談し、
         『日中間で経済を始め、各分野の交流と協力を更に強化しよう』と
         確認し合ったばかりでしたから、早速、このようなレセプションに
         お招きいただけたことは、大変嬉しいことであります」

        内外記者会見 平成28年9月5日
        「取りまとめにあたられた、
         中国の習近平国家主席のリーダーシップに敬意を表します。
         中国は、日本にとって、古くからの大切な友人であります。
         私たちは、共に、地域の平和と繁栄、世界経済に大きな責任を持っています。
         そのことを十分に自覚し、大局的な観点から、
         共に、関係改善に努めていかなければなりません。
         習近平国家主席とは、この機会を利用して、3度目となる首脳会談を行いました。
         確かに隣国ゆえに様々な課題・問題はあります。
         意見が異なる課題もあります。
         しかし、困難な課題があるからこそ、話し合う。先ほどの首脳会談では、
         様々な分野、様々なレベルでの対話を進めていくことで合意しました。
         東シナ海を、平和・協力・友好の海とするため、
         防衛当局間による「海空連絡メカニズム」の協議を加速することでも
         一致しました」

        APEC首脳会議及びASEAN関連首脳会議出席等についての内外記者会見
        平成29年11月14日
        「この地域の平和と安定に向け、
         日本と中国が協力を深化させていく必要があります。
         今回、習近平国家主席、そして、李克強総理とも会談を行いました。
         日中関係の新たなスタート。
         習近平主席のこの言葉には、私も同じ思いであります。
         経済、文化、観光。あらゆるレベルで協力を強化し、
         来年の日中平和友好条約締結40周年という節目に、
         ハイレベルの往来など交流を深めることで
         日中関係を新たな段階へと押し上げてまいります。
         そして一帯一路については、
         インフラの開放性、透明性、経済性、財政の健全性など、
         国際社会共通の考え方を十分に取り入れることで、
         地域と世界の平和と繁栄に前向きに貢献していくことを期待しています。
         日本は、こうした観点から協力していきたいと考えます」

        • 匿名 より:

          長々と、安倍さんを持ち上げとるなー。
          見苦しいぞ。
          中身のない、言葉だけの政策と云うお題目。
          もう、ネタが尽きたのかね。
          ちゃんとサポートしろよ。安倍さんも困っちゃうからね。
          ここで離れるのは、卑怯だな。最後まで、お付き合いしてよね。

      • 匿名 より:

        口先だけのところが、悲しい。
        言葉だけが踊っているところが、悲しい。
        こんな人が、総理大臣と云うところが、悲しい。

        • 匿名 より:

          >長々と、安倍さんを持ち上げとるなー。
           見苦しいぞ。

          日本語読めます?安倍を糾弾しているんですよ。

          私は元から売国奴の安倍なんて死ぬほど嫌いです。

  2. 匿名 より:

    「東亜情勢複雑怪奇」と発して 内閣総辞職
    OR
    深謀遠慮
    「一帯一路」と連携する振りをして該プロジェクトにおいて続々とダムや道路などの大型建設工事計画中止を打ち出しているパキスタンやネパール、ミャンマーなど親中国家を取り込んで、「中国包囲網」を完成させるw

    • 匿名 より:

      失礼ですよ。
      そんな頭脳を持っている人か、持っていない人かも分からないのですか。

  3. 匿名 より:

    政治家にとっては金の迂回先増えた方が嬉しいよね。

  4. 匿名 より:

    こんなアベシの戯れ言に振り回されて喜んだり悲しんだりする管理人が可哀想すぎて涙が出てきた。

  5. 匿名 より:

    安倍の得意技「投げ出し」炸裂。

  6. 匿名 より:

    ネトウヨの人ザマー、というよりは当然のケツマツかと。

    やっぱし一番悪は安倍三はんでネトウヨの人はアベノ商法に乗っけらレちゃった被害者?

    安倍被害者の会を結成して「私はこうして騙された。安倍篇」と、現政権を経験的批判により糾弾し、これからは世のため人のために少しでもすればいい。

  7. 谷口恵梨香 より:

    お得意の「新しい判断」ってヤツですか。
    ホント、一貫性がない。

  8. 匿名 より:

    ここのブログはやっぱり中国関係から金出してもらってんのかな

    民主党系かと思ってたけど

    • 匿名 より:

      ご苦労様です。
      本題とは関係ないことしか、書け無くなっちゃたかな。
      お気の毒さまです。
      しかし、過去は消えないからね。これからも、頑張って下さい。

    • 匿名 より:

      てめえはさっさと引退しろや
      20円バイトの腐れ野郎

  9. 匿名 より:

    中国包囲網(爆笑)につぎ込んだ50兆円を習近平にプレゼントしてたら日本が生き延びる道もあったかもな。
    日本のバカ右翼は舐めた事をほざき、なめた事をやりまくって中国を貶め挑発し続けてきたんだから、今更媚び売っても無駄よ。
    今から靖国カルト神社をぶっ壊して中国侵略で虐殺した中国人の慰霊碑でも建立し、天皇と北京に行って土下座でもしない限りはな(笑)

  10. 匿名 より:

    ただただ、先見の明ゼロということが露呈しただけね

    無能過ぎる

    確実に国を滅ぼす人達

  11. 漂う人 より:

    >興味深いのはこれからの「ネトウヨ(反中・嫌韓の差別主義者)」たちの動向です。

    2年ほど前から、ネトウヨたちは、中国の悪口をあまり言わず、韓国叩きに特化しつつあったように感じています。
    ネトウヨは、本質的に弱い者いじめが大好きなのですが、中国はネトウヨが対抗するには強く、大きくなりすぎたのでしょう。
    最近は、「韓国は中国からも嫌われている」というのが、ネトウヨの大好きな話題になったようです。

    ですが、曲がりなりにも成長を続けている韓国。
    いずれは、ネトウヨたちは韓国にも怯えるようになるかもしれません。
    そうなったとき、ネトウヨたちは何を攻撃し始めるか。
    おそらく日本国内にいる最も弱い人々に牙を剝き始めるでしょう。
    あるいは、ベトナムやタイ、モンゴル、フィリピンなどから日本にやってきた貧しい人々を叩き始めるか。
    (既にその兆候は明らかになっていますが。)

    日本をまともな国にするためには、ネトウヨ根絶が急務です。

    • 匿名 より:

      つーか、ネトウヨ連中(+案外多くの日本国民)って民主主義国家としても法治国家としても日本が韓国にすでにボロ負けしてることから目を背けてるよな。報道自由度ランキングも日本の方が下だし、産業も後塵を拝してる(特にIT関連)し、今、日本が韓国に勝ててるのは経済力だけだろ。まあもうすぐその最後の砦すら崩壊しそうだが。

  12. 匿名 より:

    安倍は保守でもないしただのアメ公と財界の犬。清和会は全てそうでしょ。

  13. 匿名 より:

    ネトウヨの中国史や中国についての知識はこんなもんですからね
    ネトウヨの巣窟であるニュー速プラスより
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1510267150/
    >今標準語とされてるのは支配層の満州人が住んでいた北京の満州語
    >これをマンダリン(標準中国語)という。
    >なお、他の方言への影響は広東語の影響が強くマンダリンは孤立した方言

    満州語は日本語と似たSOV構文で満州文字、中国語は英語と似たSVO構文で漢字
    「満州語由来の単語がある=満州語」なら日本語が極東英語になってしまう

    >龍の子孫が北方騎馬民族にボコボコにされる歴史を繰り返してきているのだから最弱の子孫だろw

    >銃火器が発達するまでは遊牧民族にやられっぱなし。

    >まぁ異民族が漢化すりゃ勝ちだと思ってんだろ。
    >実際には漢人が負けっぱなしの歴史だけど。

    >中国は対外戦争に勝ったためしがない。

    日本の学習指導要領では世界史は高校で必修になっているはずですが
    春秋戦国時代の李牧
    秦の蒙恬
    漢の霍去病、衛青
    唐の李靖、李セキ
    宋の岳飛、韓世忠、孟キョウ
    明の馮勝、藍玉、戚継光、袁崇煥
    こいつら全員存在しないことになっている

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑