2017/12/18(月)プチニュース「福田元首相、日中関係改善促す」など

公開日: : プチニュース


スポンサーリンク

プチニュース・注目ツイート

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    「汚染水は海洋放出以外の選択肢はない」
    何を開き直っとるんだ。
    そんな結論など、俺でも出せるわ。
    税金から、高い給料掠めて、どの口が言わせるんだ。
    恥を知れ。
    福島の不始末について、日本の恥を、まだ上塗りするのか。
    日本には、本当の専門家が居ないことが良く分かった。
    直ちに、辞職しなさい。

  2. 匿名 より:

    汚染水は海に流すしかない…でしょうね。私は宇宙に興味無いけどやたら他の星に移住したがる人たちは地球にマジで住めなくなるってわかってるんでしょうね。

  3. 匿名 より:

    学校組織に従順な学生を製造し続けるために、ブラックであろうが、ホワイトであろうが、校則が必要なのです。
    学生時代に組織や規則への従順さを徹底的に教育するのです。
    学業なんかは、どうでも良いのです。
    学校教育の目的は、国民をいかに国家に奉仕させるか、国家への奉仕に疑問を抱かせない、と云うことなのです。
    周囲と異なる行動や考え方をする者は、いじめという便利な手法により、排除するか、集団に吸収するか、という教育方針が徹底しているのです。
    学校長や教育委員長なども、国家に隷属する国民づくりに失敗することは許されないのです。
    失敗は、自らの無能を国家に知られることであり、職を、生命を失う恐れを覚えることなのです。
    国民を国家に隷属させようとする者たちが、文部科学省、教育委員会、学校組織に強力なネットワークを張り巡らせ、一糸乱れぬ統制のとれた思考回路を国民に植え付けさせるべく、日夜、努力しているのです。
    本当に、ご苦労様なことなのです。
    ですから、校則はいつの時代も、必要なのです。
    やたら細かい規則も、社会人になった時のためなのです。
    支配される立場の人間として、最低限、国家や集団に従うという刷り込みを徹底する必要があるからです。
    必要でないのは、国家のリーダーを養成する、限られた教育機関、学校だけなのです。
    日本の支配層を養成するためには、一般国民とは異なる教育を施す必要があるのです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑