【いいね!】小泉元総理が「原発ゼロ法案」の提出を目指す!立憲・希望・公明に連携呼びかけ!「原発即時ゼロ」を求める小泉氏らとは温度差も

公開日: : 原発・放射能

小泉元首相ら原発ゼロ法案 与野党に連携呼び掛けへ

脱原発運動に取り組む小泉純一郎元首相らが顧問を務める団体が「原発ゼロ・自然エネルギー基本法案」をまとめ、来年一月十日に記者会見して発表する。立憲民主党や希望の党、公明党など与野党に連携を呼び掛け、一月召集の通常国会へ法案提出を目指す。

立憲民主は「一日も早い原発ゼロ」を政策の柱としており、通常国会に「原発ゼロ基本法案」を提出する方針だ。希望は衆院選公約で「二〇三〇年までに原発ゼロを目指す」と打ち出している。

 「原発即時ゼロ」を求める小泉氏らと温度差があり、調整が難航する可能性もある。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

連携できるところは連携して「原発ゼロ」を、社会的なムーブメントにして欲しいです。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    小泉純一郎に関わらない方がいい。利用されるだけ。

  2. 愛国者 より:

    共産、自由、社民は無視するクズ小泉

  3. 匿名 より:

    上の人と同じことを思った。
    小泉純一郎は首相時代もアメポチで国内向けには大風呂敷広げてた実績があるだけに信用できない。

  4. 匿名 より:

    「国民に痛みを伴う原発ゼロ改革を」とか言い出さなきゃいいけどな。

  5. 匿名 より:

    東日本大震災の「トモダチ作戦」で被爆したアメリカ人の為に涙を流したこの人。人の痛みを我が事のように感じられる感性をこの人は持ち合わせてるんでしょうねー
    胡散臭

  6. 匿名 より:

    人の痛みを我が事のように感じられる感性を(?)
    米の痛みを我が事のように感じられる感性を(○)

  7. 匿名 より:

    [原発村からの圧力か?]

    ABC浦川アナが番組降板!干された理由は電気料金問題!?

    https://may9.jp/urakawayasuyuki/

  8. 匿名 より:

    この人には関わらない方がよろしいですね。
    政治家としてやってきたこと見れば分かるでしょ。
    掻き混ぜて、混乱させて、結局は国民のためにならない売国的施策を、得意顔でやってしまう。
    破廉恥、温厚無知、恥知らずの、日本の国民にとっては有害な施策をごり押しと誤魔化しで推し進めてきただけですね。
    魂胆が分かった時には遅いですよ、組織内は混乱して収拾がつかなくなっていますよ。
    この人は、組織内の混乱を理由に手を引きますね、これで目的達成ですよ。
    根っこは自民党ですね、自民党に利する行動しか取れない人なのですから。

  9. 匿名 より:

    原発関連から、献金貰えなくなったから原発ゼロを言い出してるだけでしょ。
    非正規増やして、日本国民を貧困にして、ピンハネ派遣企業を優遇、儲けさせた張本人だよ。
    医師不足の元凶を作ったのもこの人でしょ。
    どうせ、進次郎推しで、ろくでもないこと考えての発言でしょ。
    非正規増やした失敗を反省しない嘘つき政治家を信じちゃいけない。

  10. 匿ちゃん より:

    「原発即ゼロ」・・いいじゃないですか(掛け声だけはね)
    でも何故「立憲・希望・公明」で「共産・自由・社民」は入っていない? 
    「原発無くす」という一点共闘なら反対してる全党に呼びかけりゃ良いじゃないですか?困ることでもあるんか?

  11. 匿名 より:

    いい加減に、資本主義ありきの政治は止めるべき。公共の利益というのはある意味、共産と言える。空気も水も自然界全ては世界市民全員で管理し運営しなければいけない。我々はみんな自主独立した一個の人間だ。一部の資本家が、自分の利益のために自然界を独占、運営し、持つ者と持たざる者に隔てを作り出し、他者との格差に優越感を感じて欲求を満足させる社会であってはならない。こと生命と自由に関わる事は、資本主義を基本に考えては駄目。世の中は、不易流行、温故知新で、中庸を意識しながら少しずつ変革していくのが良い。立憲民主党は、社民、共産、自由、と統一会派を作る必要はないが、絶えず連携していくべきだろう。間違っても、自民、民進、希望、公明、心と連携すべきではない。そんなことをしたら一夜にして国民の支持を失う事になる。そして立憲民主党は個人レベルでの入党に力を注ぐべきだ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑