【的確】立憲・枝野代表が佐川国税庁長官に辞任を求める「値引きが不正・不当であった結論は出ている(会計検査院の報告)。もはや説明の段階ではなく、けじめをつける段階だ」#日曜討論

【的確】立憲・枝野代表が佐川国税庁長官に辞任を求める「値引きが不正・不当であった結論は出ている(会計検査院の報告)。もはや説明の段階ではなく、けじめをつける段階だ」#日曜討論

公開日: : 政治経済 ,

立憲・枝野氏、佐川国税庁長官「確定申告前にけじめを」

森友学園問題は(国有地売却額の)値引きが不正・不当であったことの結論は出ていますので、しっかりと「けじめ」をつけてほしい。

 まず国会でおかしな説明をしていた人(佐川宣寿〈のぶひさ〉・前財務省理財局長)がいま国税庁の長官をしている。これから確定申告だが、全国の税務署の職員は気の毒だ。トップがいい加減な説明で、捨てちゃいけない書類を捨てておいて、(納税者側から)「こんな小さなお金の書類がないといって何を言っているんだ」と確定申告の窓口で様々な声が上がってくるのではないか。その前にしっかりとけじめをつけていかないといけない。


以下ネットの反応。

相変わらず的確な発言。

発言がブレまくる安倍氏(またデフレ脱却とか言い始めました)へのアンチテーゼとして、これほどの人材はいないと思います。

 

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    自民党の中からそういう声が上がって来ないのが、自民党のダメっぷりを表してるね。

  2. 匿名 より:

    佐川虚偽答弁で逮捕して忖度を明らかにすべき

  3. 匿名 より:

     不正不当政権。

     この国にまた新しい言葉が出来た。

     他国と違うのは正す気が無いものが多過ぎる事。

  4. 匿名 より:

    報道番組が表立って伝えない大事なこと

    (立憲民主党の枝野幸男代表は日曜討論の中で、とりわけ大事な事柄を話しています)

    安倍さんは大きな勘違いをされている・・・

    憲法というのは主権者である国民の皆さんが、我々国会議員を含め公の権力の使い方について乱用が無い様に縛っていくルールである。

    この憲法の定義自体に食い違いがあるなかでは全うな議論にはならないし、この憲法というルールの理解が分かってないと言うのは近代国家においては当然の前提である立憲主義についての理解が出来ていないと言うことに成ります。

    我々は先ず立憲主義というものを当たり前の前提として共有が出来ること、その部分を徹底して議論して行きたいと思います。

    https://www.youtube.com/watch?v=I9D9BqqHfmg&t=7m8s

    [日本国の最高法規である憲法について、立法府の長だと何度も国会で恥をさらしたアベは憲法の基本中の基本の定義すら理解していない。議論以前の問題であるとの指摘」

匿名 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑