【注目!】希望・民進が統一会派へ政策合意「安保法、違憲とせず」⇒こたつぬこ氏「これで決起しない民進党、希望の議員はクズですよ」

公開日: : 政治経済 ,


スポンサーリンク


以下ネットの反応。


原口さんは、いまだに旧・民主党を良しとしてるんですね。どうりで話が見えなかったわけです。

「安保法違憲とせず」なんて合意を執行部が勝手にしてしまいましたが、これに賛同できる民進参議院議員はけっこう多いのでしょうか?(無所属は無理じゃね?)

執行部が動き、党としてはもはや後戻りはできない状況になったわけで、後は議員個人の判断となります。

民進・参議院、無所属、希望の一部議員、希望の参議院&結党メンバー(長島・細野ら)はどういった動きをするのでしょうか?

目が離せない展開になってきました。

そして、ここで動けないような議員はクズであることは確定的です。わけのわからん党の決定に流されて希望に流れて行った時の事を思い出しましょう。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    支持率サイテーな野党第1会派が出来ちゃったんでしょうか?
    そんな船はいずれ沈む。かつての民進党みたいに。
    安保法制反対の議員は、さっさと割って出ましょう。
    グズグズしてると鵺議員と言われるゾ!

  2. 匿名 より:

    希望と民進は、好きなようにやればいいのです。ただし、この両者の間だけでね。まともな野党には、ちゃちゃを入れてはいけませんね。自分たちだけの考えと責任でお好きなことをやってください。
    誰もまともなこと出来るなんて思ってはいないでしょう。
    国民から見れば、訳の分からないことを繰り返し繰り返し、懲りもなくやっているだけにしか映りませんね。
    ですから、皆さん全員が自民党や公明党や維新に拾われても、国民は不思議には思いませんよ。
    ただ、貴方がたとは異なって、国民にとって信頼できる野党に対しては、働きかけをしないようにお願いいたします。

  3. 匿名 より:

    なーんだやっぱり隠れ自民だったんですね。こりゃダメだ。
    それじゃ一般庶民のワタクシは心置きなく、立憲民主党を全力応援します!

  4. 匿名 より:

    つまり 右と左と中間のどれが存在するのよ?わかんないんだけど!誰か教えて!

  5. 匿名 より:

    違憲部分を削除なら立憲民主と連携できるのでは?

  6. 匿名 より:

    希望の本性(=隠れ自民)がガンガン出てきてるわけだが、スムーズな国会運営というフレーズにまた国民は騙されていることにすら気づかないか無知無関心なんだろうな。
    立憲はどう出るか分からんが枝野は自由、社民、共産と連携しないと自公維(与党)と民希(ゆ党)に主導権を握られたまま、モリカケスバコン全部有耶無耶にされた上に、国民を苦しめるしかない予算が通ってしまうぞ。
    つまり。
    枝野は試されているわけだが、そこを理解できないようなら立憲民主もまた、ゆ党と変わらんということになる。

  7. 自公政権じゃ駄目だこりゃ! より:

    民進党に残っていた衆議院議員は、「総選挙前」に希望の党に踏まされた「踏み絵」を踏む様に、再び迫られているのに流石に気が付いていない訳は無いとは思いたいのですが、、、。

    そして「最大の野合の理由」が、「国会運営をスムーズにする事」ならば、最初から「政府与党の改憲案に賛成だ」と述べている様な物で、「憲法の意義」などを理解できない輩は国会に不要です。

    改憲案として挙げられている「自衛隊明記」は解釈次第で、「」緊急事態条項」はその内容が「ポツダム宣言」に抵触し、下手をすれば国会に議案が提出された段階で、「国連の敵国条項」による「戦争状態復活に拠る攻撃」が国内の米軍・中・露など「連合国」から起こり得る事は理解しているのだろうか、、、?

  8. 匿名 より:

    民進の野田一派と希望は自民の翼賛政党。元民進で現希望の前原誠司、長島昭久、細野豪志は、米国ジャパンハンドラーの先兵。そもそも希望の党が自民を翼賛するためにクリントンやブッシュなどの米国・新自由主義者によって作られた集団。希望の党前代表の小池百合子の発言を聞けばわかるはずだ。民進の野田佳彦は経産、財務、などの官僚の言いなり。日米合同委員会の決定に従っている。民進の原口一博氏、希望の大串博志氏一派は、ただちに離党して一会派を結成すべき。別に立憲民主党と統一会派を作る必要はない。独立した一政党として、立憲民主、自由、社会民主、共産と協力すれば良い。
    安倍晋三と彼を支持する経団連は、英国のアングルシー島に原発を建設する事を、日本国民の同意無く、国民の税金を担保にして請け負ったが、バルト三国の国民は同意したのか。万が一、原発事故が起きれば、海流の影響でバルト三国は食物連鎖による放射能の影響を受けるのは必至。日本国民だけならず、他国の国民にまで不幸をまき散らす安倍自民党は世界中の敵。
    安倍自民党は、米国主体によるTPPが頓挫した今、英国と関税の撤廃と資本の独占を、EPAという名の下に英仏の一部の大資本家と日本の経団連と共に進めているが、食物や水を企業に扱わせてはダメ。生命の維持に必要な物は、公共の物として企業と切り離して扱わなければ、日本国民は資本家の奴隷になる。
    財務大臣の麻生太郎が進めている水道水の民間企業への委託も、まさに売国奴政策。ドイツもフランスも一度は民営化にしたが、水道料金が3倍以上に高騰して国民の不興を買ったために、現在は公共の物として民主的に国が管理運営している。この事実を隠して、水道水の企業への民営化は世界のトレンドだ、と言っている新聞があるが、どうしてすぐにバレる様な嘘を平気でつくのか。その新聞は、もちろん朝日ではない。経団連御用達の新聞。腐っている。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑