【2018年1位!】『殺人犯はそこにいる』(文庫X)という本がスゴイ!西武・菊池雄星選手『僕は「X」になる数カ月前にこの本を読んでいた。』

【2018年1位!】『殺人犯はそこにいる』(文庫X)という本がスゴイ!西武・菊池雄星選手『僕は「X」になる数カ月前にこの本を読んでいた。』

公開日: : 政治経済, 社会問題

「こんなブログやってくるくせに今まで読んでなかったの」というご批判を受けそうですが、これは死んでも読まなきゃならない1冊です。

冤罪に関して、警察・検察・裁判所・政治家・メディアなどのヤバさが、これでもかと詰め込まれてます。

最後まで読んだら間違いなく3回は「マジで」と声が出ますし、できることなら全国民に無料配布したいぐらいです。

そして、菊池選手の日経記事が消えているのはどういう事なのでしょうか?


以下ネットの反応。

 

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    本、読んで無いけど「警察・検察・裁判所・政治家・メディアなどのヤバさ」は、だいたい想像がつく。
    事件報道の時に、実名を報道したりしなかったり、
    当然、起訴されるべき人が不起訴になり、検察がその理由を明らかにしなかったり、
    細かい事が気になる人間にはわかる。
    一旦上げられた記事が削除される事も、珍しい事では無い。

  2. 匿名 より:

    先日の三橋氏もそうだったのかな

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑