【善き哉】希民新党は107人中(両党所属議員総数)23人の不参加が固まる!最終的に30人超に膨らむ可能性

公開日: : 政治経済

民・希新党、23人不参加 衆院、野党第一党は困難

産経新聞は20日、民進党と希望の党の合流構想に対する両党所属議員計107人の動向を分析した。少なくとも23人の新党不参加が固まり、衆院では野党第一党・立憲民主党の54人に届くことは困難な情勢だ。参院では野党第一党となる公算が大きいが、現在の両党の合計議員数(44人)から大きく目減りし、30人程度にとどまるとみられる。

 両党執行部や所属議員らへの取材によると、民進党では中川正春元文部科学相や江田憲司元代表代行、小川敏夫参院議員会長ら13人が新党不参加の方向だ。

 希望の党では、松沢成文参院議員団代表や細野豪志元環境相ら6人がすでに不参加を正式表明している。これに加え、田嶋要、大串博志、小川淳也、本村賢太郎の各衆院議員も、新党に加わらない意向を周辺に伝えていることが判明した。

今後も不参加の動きは拡大しそうだ。現時点で態度が固まっていない民進党の岡田克也常任顧問、野田佳彦前首相、安住淳元財務相らは離党して無所属で活動することも検討しており、最終的に不参加者が30人超に膨らむ可能性がある。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

いやーいい感じ。

希民新党は、トンデモ系(細野っちなど)が弾かれ、連合系&旧民主党嫌いが集結するわけです。

希望も解散になるし、こうなると玉木っちと大塚っちはなかなか良い仕事をしたと言えるかも知れません。

後は、長島先生の動きが気になるところです。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    気になるのは、民進党の金の行方…..

  2. 匿名 より:

    えー、まだこんなことやっていたのですか。
    自らの行き先を決められない、幼稚園の年少さんみたいですね。
    薹がたってちょっと気持ち悪いですが。

  3. 匿名 より:

    民進党の大塚耕平代表がこんなにマヌケとは思わなかった。
    自ら更なる弱体化の道を選択した。
    無残な結果が予想される。
    玉木議員の目的は野党分断工作と民進党の資金と考えられる。

  4. 匿名 より:

    良いですね 何時までも何時までも ごちゃごちゃしていて
    政権の延命に 多大の貢献をしていますね
    これは 国民栄誉賞ものですね

  5. 匿名 より:

    小池百合子が緑のタヌキなら枝野は福耳タヌキか

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑