Mr.Kの禁煙法。

公開日: : 最終更新日:2014/09/15 管理人

こんばんは、Mr.Kです。

さて、健康法を壮大に推し進めて行こうとしている割には、
厚労省の標語みたいな、ショボイのが出てきちゃったんですが、
それでも、禁煙は大事な話です。

特に、僕の健康ライフが始まったのは、禁煙をきっかけにして
というところが非常に大きかったので、人一倍禁煙には
思い入れもあるのです。


そして、その経験から、タバコを吸っている限りは、健康的な生活
を送るのは、難しいと感じています。

これは、タバコが身体にどれぐらい悪いかという話ではなく、

  • タバコさえやめられないという思いを持つこと
  • タバコが生活の軸になってしまうこと
  • タバコを吸う習慣が残ってしまう

(健康になっていくには、
習慣を変えることは必須ですから)

 

などなど悪影響は、数え上げればキリがありませんが、
喫煙習慣や禁煙という言葉の周りからは、
とにかく早く脱したほうが良いです。

あとは、タバコをやめる方が「ストレス」になるから
吸っててもいいとかいう話もありますが、僕の経験上
そんなことはありません。

 

僕的には、ストレスの感じ方は1/2ぐらいには、なった気がします。

それぐらいのインパクトはありました。

 

それで、具体的な禁煙方法ですが、僕がやった禁煙方法は
環境を変えるということでした。

これは、タバコの習慣性を考えてのものです。

 

僕はこれで、2回禁煙に成功しました。

まあ、1回目は一ヶ月で終わっちゃったんで、成功はしておりませんがww

 

しかし、その1回目がヒントになって、後の禁煙の本当の成功
につながったのです。

では、最初の時に何があったのかというと、もう10年以上も前ですが
23歳の頃に、たまたま知り合いの人がオーストラリアに住んでいたので
そこで、3週間ほど住まわせてもらうことになったのです。

 

そこで、その家の人への遠慮とオーストラリアの喫煙場所の少なさ
(今の日本みたいでした)、あとは生活環境の変化と楽しさで、
タバコを一時的にやめられたのです。

それまでは、1日ひと箱以上のヘビースモーカーで禁煙なんて
考えたこともなかったので、自分で驚きました。

 

ただ、その時は、今よりももっとバカだったので(笑)、帰ってきた
空港ですぐにタバコを吸っちゃいましたが・・。

でも、案外タバコって吸う機会がなかったり、一日のリズム
変わってしまえば、やめられるということは学びました。

 

そして、28歳の時、今から6年半前に禁煙に成功しました。

その時は、前回の学びを生かし、環境を変えて禁煙したのです。

 

では、どのように環境を変えたかといえば、
出張を利用して環境を変えました。

当時、思いっきり心を病み、体調を崩していた僕は、なんとかして
立ち直らなければと思っていた矢先、出張命令が出たのです。

 

当時は、子供も産まれたばかりで、少しでも家に長くいたかったのに、
そんな指令を出され、もう最悪な気分だったのを覚えています。

それで、この最悪さをなんとかいいものにしてやろうという、
僕の意味のわかんない、天邪鬼的なところが出て?禁煙チャレンジとなったわけです。

 

真実は、環境を変えて禁煙にチャレンジしたのではなくて、環境が変わるついでに
禁煙にチャレンジしたということです。

これは、タバコを吸うチャンスがないわけじゃなかったので、
しんどかったですが、やはり生活のリズムが変わるので、
普段と比べればタバコに思いを巡らす機会は少なかったです。

 

そして、数ヶ月はタバコの幻影に悩まされることもありましたが、
禁煙に成功することができました。

ということで、長々とお話してきましたが、
環境を変えて禁煙というのは、かなりオススメなので
ぜひ喫煙者の方がいらっしゃいましたら、参考にしてください。

 

では、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑