【揺れる想い】国民・幹部「第2立憲になるより、第2自民になったほうがマシ、対決より解決」⇒支持者から批判⇒泉・大塚「やっぱり政府与党と対決もします」

【揺れる想い】国民・幹部「第2立憲になるより、第2自民になったほうがマシ、対決より解決」⇒支持者から批判⇒泉・大塚「やっぱり政府与党と対決もします」

公開日: : 政治経済

“崩れぬ一強、崩れた野党” 立憲・国民の“疑念”が深まった瞬間~担当記者がダブル解説

では国民民主党はなぜ「対決より解決」という路線を選んだのだろうか。幹部はこう語った。

「第2の立憲民主党になるより、第2の自民党になったほうがマシだ」

「ほぼゼロ」とも言える支持率からスタートした国民民主党の執行部には、「立憲と同じことをしても支持率は上がらない、立憲民主党との違いを際立たせたい」との思いが強かった。

その象徴が5月に行われた「党首討論」だ。立憲民主党の枝野代表が森友・加計問題に論点を絞る一方、国民民主党の玉木共同代表は外交や経済など政策議論を安倍首相にぶつけ、「解決」を目指す野党を強調した。
その結果、討論終了後に、安倍首相が玉木氏に歩み寄り握手するという場面が生まれた。

反発受けこっそりと路線変更も?

「対決より解決」を掲げ、立憲民主党との違いを強調する国民民主党だが、通常国会が最終盤を迎えると、幹部から気になる発言が相次いだ。

「政府与党に対決し、国民に解決策を提示する、そんな政党でありたい」(泉国対委員長)
「解決しようのないような法案が出てくれば、対決せざるを得ない」(大塚共同代表)

「対決より解決」というこれまでのスローガンが微妙に変化し、「与党との対決」も強調し始めたのだ。関係者によると、「なぜ与党と戦わないんだ」「仕事をしてないんじゃないか」と支持者に批判されていることへの対応だという。国民民主の抱えるジレンマが表れている。

では立憲・国民両党は今後に向けて、どのようなビジョンを描いているのか。

国民民主党は、亀裂の深まる裏で立憲民主党に対し「ひとつになりたい」と秋波を送っている。ある幹部は「1つの党に戻るために立憲の支持率を切り崩さないといけない」と複雑な持論を語る。国民民主党の多くは、立憲の支持率の高さは一過性のものと考えていて、立憲は自分たちの支持率が下がりさえすれば、打開のために連携・合流に応じるだろうという計算だ。そして、国民民主党の玉木共同代表は、7月20日の野党党首会談で、枝野氏に対し、連立政権構想を示すように提案した。これに対し枝野氏は「総選挙の時点で、野党第一党の党首の責任として私が掲げ、皆さんに提示する」と応じた。

お互いに反発しながらも、将来の連携は否定しないという両党のジレンマを解決できるのは、来るべき国政選挙という現実だけなのかもしれない。


以下ネットの反応。

 

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 愛国者 より:

    売国自民党がのさばるのも自民の仲間の国民民主が生まれたのも
    全てはまともな野党に投票しない愚民のせい

  2. 匿名 より:

    公明党にこっち来るなって言われてる?

  3. 匿名 より:

    自民党や公明党が(維新はどうでもよい)反省し生まれ変わったら それでいいかもしれんが 今のままでまともな話ができる与党なんぞ無いじゃんか。泥棒に通帳預けて更生してもらおうなんて不可能だべ。何考えてるんだか。

  4. 匿名 より:

    いい加減、国民民主を「国民」と略するのは止めないか? 日本人の馬鹿さ加減は半端ないんだから、まんま自分たち「国民」と受け取ってしまうのがかなりの数に上ってしまうぞ。

  5. 匿名 より:

    安倍政権と同じ体質で、何の理念もなく「今だけ、金だけ、自分だけ」。国民知らん党と改名したらいい。ついでに、自民党は私欲まみれ党な。
    公明党は、公に明かせないことだらけ党だから今のままでいいや。

  6. 匿名 より:

    立憲民主との差別化を計ったけどうまくいかず、立憲の足を引っ張って合流に持って行こうとしてるって、どんだけ自分勝手やねん。
    つまりどう考えても、国民民主はニーズのない党ということやねぇ。

  7. 匿名 より:

    無理に存在価値を探し出す必要はありません
    存在価値がなければ 早急に解散消滅すべきです
    世界一の高給取りの政治屋家業 辞めたくないとは思うけれど

    どうせ 次の選挙までの アルバイト程度の気持ちなんだろう
    せいぜい 貯金しておいてね

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑