【批判殺到】東京五輪の酷暑対策でサマータイム導入へ!31、32年限定⇒ネット「朝5時から競技を始めればいいだけ」

About

【批判殺到】東京五輪の酷暑対策でサマータイム導入へ!31、32年限定⇒ネット「朝5時から競技を始めればいいだけ」

公開日: : 政治経済, 社会問題

酷暑対策でサマータイム導入へ 秋の臨時国会で議員立法 31、32年限定

政府・与党は、平成32(2020)年の東京五輪・パラリンピックの酷暑対策として、夏の時間を2時間繰り上げるサマータイム(夏時間)導入に向け、本格検討に入った。与党はお盆明けにも制度設計に入り、秋の臨時国会への議員立法提出を目指す。平成31、32両年の限定導入となる公算が大きい。複数の政府・与党関係者が明らかにした。


以下ネットの反応。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 愛国者 より:

    アホなことを繰り返す愚民党

    • 匿名 より:

      オリンピックって、約二週間だけだろ???
      そんな短期間のイベントのためにこんなに騒いで無理する必要あるか?
      競技を早めたりすれば充分でしょ。
      騒いで民間に金使わせて、労働者にはサービス残業を無理強いする結果にしかならない。

  2. 匿名 より:

    始発電車をマラソン開始に合わせて走らせたいだけの、サマータイム♪

  3. 匿名 より:

    今からでも遅くないから返上すれば?
    それとやるなら東京限定にしてくれ。
    これでもオリンピックに反対しないんだから日本人の大半って相当のお馬鹿なんだろうな。

  4. 匿名 より:

    ええ?平成32年?
    平成32年なんて来るの?
    元号変わるだろ?
    サンケイよ、こんな時は西暦だけで記載すべきじゃないのか?

  5. 匿名 より:

    そこ退けそこ退け 五輪が通る
    五輪の轍の下で 市民生活ぐっっちゃ、ぐっっちゃ!
    国民をゲームの駒としか思わないのね。
    NHK BS1 インパール作戦を彷彿とさせる。馬鹿すぎ!

  6. 匿名 より:

    なぜこう思いつきのアイデアしか出ないのですかね
    与党ってオリンピックのために国のあり方を変える
    国民生活の不利益など考えていない
    オリンピックファースト
    もう終わってるよ

  7. 匿名 より:

    オリンピック開催して、都民の住民税が一年間タダになるならやる価値あり。
    税金だけ使って、国民にメリットがないオリンピックはやる価値なし。
    オリンピックで儲かるから、減税するとかメリットないとおかしいでしょ。
    オリンピックはお友達と公共事業関係者だけ儲かるモリカケの延長。

  8. 匿名 より:

    サマータイムを導入して金が転がり込んで喜ぶ所が安倍友にいると言うただそれだけの話でしょう。まったくのなんせんす。会場時間を早朝にするだけで済む問題だ。

  9. 匿名 より:

    アメリカにヤレって言われたの?

  10. 匿名 より:

    ネガティブなことばかり言うと呪いがかかると諭す人もいるが、まず嘘から始めるからおかしな事になっているだけ。
    ピンチをチャンスにってwwww、誰がピンチにしたのさ!

  11. 匿名 より:

    国会も朝5時くらいからはじめたらどうか?
    もちろんエアコン抜きでね。
    税金泥棒に振り回されるのは御免です。
    っていうか早く定数を半減以上削減でお願いします。

  12. 匿名 より:

    オリパラを口実に お国が社会全体を コントロールしちゃうのよ
    ニッポン国民は 黙って従うのよ

    文句なんか言うと ダメよ
    お国に盲従している限りは 生かしておいてあげるわ

    お国が どっちを向いて 流れて行っているのか 全体を見てれば分かるでしょ 逆らわないことよ

  13. 匿名 より:

    オリンピックのお金を 日本全国の水害土砂災害に回せよ
    くそ暑い夏に 浮かれている暇ないぞ

    今からでも 遅くないから おやめなさい
    お金を 返しなさい

    災害対策に ポンと五千億円くらい出しなさい
    たまには国民の為に使っても 良いんじゃないですか

  14. 匿名 より:

    めんどくせぇオリンピックハラスメント

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑