”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ

【貿易】「TPP11」が年内発効へ、「保護主義」への対抗策か、「国内農業」の壊滅か

投稿日:

アメリカなき「TPP11」は年内にも発効へ
TPPは参加している11カ国のうち6カ国が国内手続きを終えてから60日後に発効する仕組みで、日本など5カ国が手続きを完了しています。さらに、オーストラリアも完了する見通しとなり、「早ければ年内に発効する」ということです。発効後は多くの製品の輸入関税が引き下げられ、牛肉や乳製品などの値下げが見込まれます。

TPP、12月30日発効へ 自由経済圏で保護主義対抗
域内の工業製品や農産品の関税は段階的に引き下げられる。日本政府は今後、参加国の拡大に注力し、保護主義の対抗軸になる自由経済圏づくりを目指す。

 日本は自動車など工業製品の輸出で追い風となるが、牛肉など安い農産品の流入で国内農業は競争力強化が課題だ。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

健康Mr.K
「TPP」はアメリカが離脱してから、ほとんど話題になることがなくなりました(ネットでも)。どういう影響が出てくるのでしょうか。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-政治経済, 海外
-

Copyright© 健康になるためのブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.