”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ

【雨ざらし】国会前で「ハンスト」を続ける学生に、警察が「雨避けシート」の撤去を命令

投稿日:

0827-01

スポンサーリンク

国会前ハンストの学生 深夜、警察が強制排除匂わし圧力

27日22時46分、食事中だった筆者に電話が入った。昼間取材した国会前のハンスト学生からだ。「警察が来ました」。その声は緊張していた。

 寝袋の上にポールを立てて設置した雨よけのビニールシートが工作物にあたる恐れがあるので、警察が撤去しろと求めてきたのだ。SOSだ。筆者は国会前に急いだ。

 深夜の参議院会館前に到着すると、路上では、ハンスト学生と支援者らが私服・制服警官と対峙していた。

 「工作物が何に当たるのかあいまいなので教えてほしい。道路交通法の76条ですか? 屋根、壁を備えているものが工作物なのではないか? 通行の著しい妨げになる工作物と認定して排除すべきものなのか?」

 実行委員の学生は撤去を迫る警官に対して依拠する法律を確認しようと食い下がった。

 「(道交法違反に)該当する可能性がある。今判断する者が来ますから」。現場の警官は学生が引き下がらないのを見て応援を頼んだようだ。

 パトカーに乗って麹町署の警備課長が到着した。支援者によれば国会前界隈では有名な警官のようだ。学生らをにらみつけた。

(中略)

学生から通報をうけた弁護士が到着した。弁護士は状況を確認すると警備課長とサシで話し始めた。

 さっきまで鬼のような形相の警備課長が、打って変わってニコニコしている。違法状態が解除されたとして、私服、制服警察官らは、引き上げていった。ひとまず危機は去った。


スポンサーリンク


以下ネットの反応。

ただでさえ大変な命を削っての「ハンスト」ですから、なんとかトラブルだけはないように続けられることを願っています。警察の方も若い学生を無慈悲に「雨ざらし」にするのではなく、他の方法を提示するなどして学生が雨に濡れないように配慮するなど大人の寛容さを見せて欲しいものです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-政治経済
-,

Copyright© 健康になるためのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.