”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ

【難問】東芝系、希望退職に応じなかった社員(45歳以上)倉庫で単純作業、自分を省みて変えるべき点を同僚に表明し、作文にまとめる

投稿日:

東芝系社員、退職拒み単純作業 「追い出し部屋」と反発

東芝が100%出資する主要子会社にこの春、新しい部署ができた。そこには希望退職に応じなかった社員らが集められ、社内外の多忙な工場や物流倉庫で単純作業を命じられている。東芝は「適切な再配置先が決まるまでの一時的措置」だと説明するが、社員からは「退職を促す追い出し部屋だ」との反発が出ている。

東芝や関係者によると、所属する約20人は、それまで技術管理や営業、事務などの仕事をしていた。同システムズは火力や原子力など発電所の需要低迷を理由に、勤続10年以上で45歳以上を対象に3月末での希望退職を募集。上司に応募を促されながら拒んだ社員らが配属されたという。

複数の社員によると、4月中は研修として社外の人材コンサルタントらの講義を受け、経営環境の厳しさを理解し、配属を前向きに考えるよう求められた。自分を省みて変えるべき点を同僚に表明し、作文にもまとめたという。

若い働き手にまじって作業をしている男性は「不慣れな肉体労働で疲労がたまる。こんな作業を続けていても先が見えない」とこぼす。別の男性は、原発事業の失敗による経営危機を振り返り、「同僚が次々と他社に移るなかでも、自分は残ってがんばってきた。なぜこんな仕打ちをうけるのか」と憤る。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

健康Mr.K
変化の激しい時代ですから、会社も即座に対応しないと倒産してしまうので、社員の雇用の流動性を高めなければならないことは間違いないんですよね。ただ、そうすると「会社命」「出世のために我慢」してきた人(世代)は悲惨なことになるわけです。変化しない人、準備しない人は即路頭に迷う可能性があります。仕事をもらえるだけマシと思いますが、作文はやりすぎです。しかし、就職氷河期時代の人はホント厳しいめぐりあわせです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-仕事・労働
-

Copyright© 健康になるためのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.