”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ🐾

【野党ウォッチ】山本氏「消費税5%で野党共闘、そうでなければ仁義なき戦い」立・国(幹部)は相変わらずの野党内争いに没頭

投稿日:

「消費税5%で野党共闘なら捨て石にも」 山本太郎氏

野党が塊になり、消費税を5%に下げることで一緒に戦えるなら、れいわ新選組は捨て石にもなるつもりだ。ただ、これは他の野党の考えもあることで、かなうかはわからない。そうならない場合は単独でやるしかなく、仁義なき戦いが繰り広げられる。

立・国合流、結束に不安=衆院選協力に影響も

合流を決めた19日の3党派代表会談で、最も時間を割いたのは参院会派の幹事長人事だった。立憲は蓮舫氏、国民は榛葉賀津也氏が党参院幹事長を務める。両氏は旧民進党時代からそりが合わず、先の通常国会でも両党確執の一因となっていた。

 結局、合流会派の幹事長は国民の大塚耕平参院議員会長に落ち着いた。会談前、立憲幹部は「うちの方が勢力が大きいから、重要ポストは譲らない」と語っていたが、合流を急ぐため歩み寄った格好だ。ただ、新ポストを逃した蓮舫氏は「激怒している」(国民幹部)とされ、火種はくすぶっている。

立憲、国民両党は、次期衆院選での候補者調整を視野に入れる。国民の玉木雄一郎代表は19日、記者団に「選挙での協力関係の強化も進めたい」と強調した。ただ、主導権を握る立憲幹部は「すぐには動かない」と述べ、まずは臨時国会でどれだけ円滑に共闘できるかを注視する姿勢を示した。 

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

健康Mr.K
どこまで行っても立・国のくだらない争いは続きますね。与党がいくら巨大になろうが自分が安泰の幹部は関係ないんでしょうね。ということは、やはり、さらなる野党側からの突き上げが必要になってきます(悲)。れいわが躍進して危機感を持ち統一会派を組んだわけですから、さらなるれいわの支持率アップで立・国幹部を追い詰めなければなりません。それが野党共闘・早期の野党統一候補決定への道に繋がります。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-政治経済
-, ,

Copyright© 健康になるためのブログ🐾 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.