”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ🐾

【構造変化】2000年代以降日米欧企業カネ余り、デジタル産業が主軸になり、製造業ほどの投資が不要に

投稿日:

資金循環 ゆがみ拡大 日米欧企業カネ余り 借金、政府に偏在

家計がためたお金を企業が銀行から借り、工場などに投資をして経済を再拡大させる――。そんな循環に異変が広がっている。2000年代以降、日米欧の企業部門はもうけたお金を使い切らない構図が定着した。高齢化でも家計はお金をため込み続けている。余ったお金を猛烈な勢いで借りているのが政府だ。これまでの通説とは異なる姿になった経済は、どこに向かうのか。

一国の経済は企業、家計、政府、海外の4つに分かれる。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

健康Mr.K
投資も雇用もそれほど必要ないデジタル産業が増加してますから、ある程度は仕方がないのでしょうが、解決策として、企業がどんどん金を使いたくなるほど商品が売れるために、政府が個人(家計)にカネをばらまけばいいのではないでしょうか。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-仕事・労働, 政治経済

Copyright© 健康になるためのブログ🐾 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.