”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ🐾

【どうなの?】国民民主党内で立憲との合流論が強まる、中堅若手議員17人が申し入れ、近く党内で話し合い

投稿日:2019/12/03/ 06:54 更新日:

国民副代表、立民と合流協議要請 年内視野に、近く党内で話し合い

国民民主党の津村啓介副代表らは3日の党会合で、玉木雄一郎代表に対し、立憲民主党との合流に向けた協議入りを要請した。平野博文幹事長は「近く党内で話し合いの場を設ける」と引き取った。両党内では年内を視野に早期合流への期待が高まっているが、玉木氏は連立政権を目指すべきだとして慎重姿勢を示している。

 会合は党所属衆院議員の懇談会で、国会内で開催された。

 立民と国民は9月末に衆参両院で統一会派を結成。臨時国会で共に活動を重ねる中で、次期衆院選に向けて一つの党になるべきだとの声が強まっている。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

健康Mr.K
まあ、もともと選挙のゴタゴタで電撃的に分裂してしまった両党ですからねぇ。細野さんや長島さんは自民に行っちゃったし、共産アレルギー・民主右派なんて言葉も聞かなくなりましたし、選挙の事を考えれば合流した方が全体の当選者数は増えるでしょうかねぇ。ただ、国民の議員は選挙に強く(希望の逆風でも生き残った人達、だが、今の国民の支持率では・・)、立憲の議員は弱いので、その辺りを考えると立憲側から妥協した合流はまずないでしょう。となると、結局は現状のまま連立政権を目指すという事になるのでしょうかね。共産との連携も今のままの方がバランス取れててスムーズな気もしますし。でも、そうなると国民の若手が大量離党なんてことになるかも知れません。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-政治経済
-,

Copyright© 健康になるためのブログ🐾 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.