”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ🐾

こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、「健康になるためのブログ」の最新記事が届きます。ぜひ、登録お願いします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

【注目】イギリス、感染リスクが高い「無症状者」に検査拡大で、経済再開でも陽性率低下⇒日経「日本は3~5月の教訓を十分に生かせていない」

投稿日:

無症状者検査で感染抑制 英、経済再開でも陽性率低下

世界各国の新型コロナウイルスの感染状況などの比較で、無症状者への検査の増加が封じ込めのカギを握る実態が見えてきた。英国は検査対象を広げ無症状からの感染拡大を抑制した。検査や感染防止が不徹底な日本や米国は感染拡大が続く。都市封鎖などに加え、検査対象の拡大が明暗を分ける要因になっている。

英大学の研究者らのデータベースから1日あたり検査数(7日間の移動平均)が1千件以上で、7月末の時点で2カ月前より検査数が増えた54カ国を比較した。感染拡大の目安となる陽性率でみると、英国やカナダ、フランスなど20カ国で低下、日本や米国など34カ国で上昇していた。

さらに介護施設職員は毎週検査を受け、タクシー運転手など感染リスクが高い人を対象に検査を実施している。感染者が欧州で最多の時期もあったが、経済活動の再開を広げている。

日本は緊急事態宣言で感染者が減り、検査能力は増えたものの、英国のように検査対象を拡大しなかった。潜在化するウイルスを早期に見つけてクラスター(感染者集団)発生を防ぐには、検査対象拡大が必要となる。

英国でも感染が緩やかだが再拡大するなどウイルスの抑制は容易ではない。ただ、経済・社会活動を継続しながら感染者を減らすためには、感染防止策の徹底と無症状でも感染リスクが高い人に検査する態勢がカギとなる。日本は3~5月の教訓を十分に生かせていない。

新型コロナ 東京 千代田区 区内の介護施設全職員にPCR検査

新型コロナウイルスの集団感染を防ごうと、東京 千代田区は、区内の介護施設で働くすべての職員を対象に定期的にPCR検査を実施することになりました。

いったん陰性の結果が出てもその後、感染するおそれがあるため、検査は3か月ごとに実施します。また、施設に新たに入所する高齢者などにも、検査を受けてもらうということです。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

健康Mr.K
現在は似たような新規感染者数となっている日本と英国ですが、状況的には全く違うと言えそうです。状況をコントロールし経済再開しているイギリスと、状況を掴むことすらできていないのに、一部(GOTO)で経済を無理やり再開しようとしたり、しかし一方では自粛が延々と続いたりしていているのが日本です。ホリエモンとかが初期に「経済で人は死ぬ」と言ってましたが、まさしくその通りで「経済止めると人は死ぬので、徹底検査で経済を回さなければならない」のです。(なぜかホリエモンはこれは言わない)同じこと半年言い続けて嫌にもなってきますが、「検査拡大」という最初の一歩をクリアしなければ、どうにもならずに日本終了してしまうので、言い続けるほかありません。あと、千代田区の介護施設の検査はいいのですが「検査は3か月ごとに実施」では意味があるのかどうなのか。

こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、「健康になるためのブログ」の最新記事が届きます。ぜひ、登録お願いします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

関連記事

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-医療・病気関連ニュース, 政治経済, 海外
-,

Copyright© 健康になるためのブログ🐾 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.