”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ🐾

こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、「健康になるためのブログ」の最新記事が届きます。ぜひ、登録お願いします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

【意味不明】加藤官房長官が解釈困難な持論?を展開「法解釈の変更ではなく、憲法との関係を含めて整理した」学術会議任命拒否問題

投稿日:

加藤官房長官、法解釈変更せず 学術会議、新会員候補の任命拒否

加藤勝信官房長官は5日の記者会見で、日本学術会議が推薦した新会員候補6人の任命拒否を巡り、日本学術会議法の解釈変更はしていないとの認識を示した。「憲法との関係を含めて整理した。構造的な仕組みを変更しているわけではない」と述べた。

 同法は、会議の推薦に基づき首相が会員を任命すると規定。政府は1983年の国会答弁で「実質的に首相が任命を左右することは考えていない」と明言していた。

 加藤氏は、会議の関連予算として毎年約10億円を支出し、会員が特別公務員に当たると説明。「首相が任命権者としての責任において会員を任命してきた」と重ねて強調した。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

健康Mr.K
「過去の国会答弁も整理の上でのもの」(山添拓)菅政権がどのように「憲法との関係を整理した」のか、それを説明せずにこんなことを言われても納得ができません。そして、そこを追求せずに記事にされてもどうしようもありません。そして日本の法学者の皆さんは、加藤氏のロジックを通してしまうのでしょうか。それにしても、早くも官房長官が論理が破綻したことを言わなければならない状況に追い込まれてしまった菅政権です。鮫島さんが言うように内部崩壊してるのか。いきなりの行き詰まりを見せています。

こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、「健康になるためのブログ」の最新記事が届きます。ぜひ、登録お願いします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

関連記事

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-政治経済
-

Copyright© 健康になるためのブログ🐾 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.