”本当に”健康になるためにシンクタンクとして提言します。

健康になるためのブログ🐾

こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、「健康になるためのブログ」の最新記事が届きます。ぜひ、登録お願いします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

【非常に心配】ワクチン、入手確実は「一万人分」だけか、アメリカがワクチンの国外輸出を禁止、EUは域外へのワクチン輸出規制を開始

投稿日:

入手確実は1万人分だけ?ワクチンめぐり“争奪戦”(2021年2月10日)

その理由は、“世界のワクチン争奪戦”が始まってしまったからです。1つはファイザー社を抱えるアメリカの囲い込み。ドイツメディアによりますと、バイデン大統領がワクチンの国外輸出を禁じるトランプ政権時代の方針を支持する大統領令に署名したといいます。ヨーロッパでも囲い込みが始まり、EUが域外へのワクチン輸出規制に乗り出しました。イギリスのアストラゼネカなどから見込んでいた量の供給を得られなくなったため、EU域外への輸出が許可制になりました。河野大臣が「1便ごとにEUの承認が必要」と言っていたのは、このことです。
EU委員長のフォン・デア・ライエン氏:「承認が遅かった。大量生産できると楽観視していた」
EU加盟国の中には、中国やロシア製のワクチン導入に踏み切った国も出始めています。

一方、100人あたりの接種人数、世界ナンバーワンのイスラエルでは、すでに16歳以上の全国民に加え、外国人労働者も接種が受けられるようになりました。2回接種が済んだ人も、人口の約30%に達しています。イスラエルで早く接種が進んだ理由について、AP通信は、こう伝えています。
AP通信:「ネタニヤフ首相がファイザートップに直談判し、相場の1.5倍の値段を支払い、接種で得たデータをファイザーに提供するという条件の下、大量のワクチン確保に成功した」

日本は、ファイザーとアストラゼネカ、モデルナの3社を合わせ3億1000万回分のワクチンを契約済みです。しかし、世界の争奪戦に遅れを取れば、それだけワクチン接種が遅れることになります。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

健康Mr.K
ワクチンは絶対的ではないですが、それでも検査抑制&ウィズコロナ政策を採用している日本(政府)にとっては唯一の解決策のはずです。それなのに、ワクチン確保においても大失敗となりそうな情勢となってきました。本当の国難では全く機能しない自民党安倍菅政権、本当に日本に必要なのでしょうか。

こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、「健康になるためのブログ」の最新記事が届きます。ぜひ、登録お願いします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

関連記事

「健ブロ」をシェア・拡散して健康な社会を取り戻そう!

-医療・病気関連ニュース, 政治経済
-,

Copyright© 健康になるためのブログ🐾 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.