”本当に”健康になるためにシンクタンクとして提言します。

健康になるためのブログ🐾

こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、「健康になるためのブログ」の最新記事が届きます。ぜひ、登録お願いします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

【隠ぺいか】情報公開請求された森友文書、財務省が「不存在」として開示せず(実際には「存在」46件)麻生氏「不適切」

投稿日:

森友問題、存在文書の非開示46件 麻生氏「不適切」

学校法人森友学園(大阪市)の国有地売却問題をめぐり、財務省は2日、情報公開請求された文書が、実際には存在しているにもかかわらず、「不存在」として開示しなかったケースが計46件あったことを明らかにした。麻生太郎財務相は「誠に遺憾であり、職員に厳正な処分をした」と述べた。

川内氏は「文書があると知りながら不存在とすることは、情報公開法違反ではないか」と質問すると、菅義偉首相は「個別事案ごとに慎重に判断することで、一概に答えるのは困難だ」と述べた。麻生氏は「何に照らして不適切かと言えば、情報公開法に照らして不適切だった」と語ったが、違反するとまでは言わなかった。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

健康Mr.K
木村草太氏が言ってますが存在している文書を、存否応答拒否・不開示(行政の判断で存否を明らかにせずに請求応答拒否、または不開示は可)とせずに不存在として、適法ということはあるのでしょうか。文書が「ある」けど存否応答拒否・不開示はOKなんですが、「ある」ものを「ない」と言っちゃうのは「不適切」とかじゃなくて情報公開法に照らすと違法なんじゃないでしょうか。

こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、「健康になるためのブログ」の最新記事が届きます。ぜひ、登録お願いします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

関連記事

「健ブロ」をシェア・拡散して健康な社会を取り戻そう!

-政治経済
-

Copyright© 健康になるためのブログ🐾 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.