”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ

【偶然?】9.11、シャルリー・エブド、フランス同時多発テロ、毎度毎度手際よく見つかる犯人のパスポート

投稿日:

ferdwswweeferrrreeess

スポンサーリンク

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151115-00000021-jij-eurp

テロの舞台の一つとなったパリ北部の競技場で、自爆犯の遺体近くに残されたシリア旅券に関し、ギリシャ政府は14日、ギリシャで10月に難民申請した人物のものだったと発表した。

http://iwj.co.jp/info/whatsnew/guide/23289#more-23289
「9.11では、テロの首謀者とされるモハメド・アタのパスポートが、廃墟になった瓦礫の中から、まったく焼け焦げもせず、きれいな状態で見つかったと言われています。フランスの風刺週刊紙、シャルリー・エブドへの銃撃事件でも、襲撃犯グループで、シャルリー・エブドに立てこもった兄弟がいますが、彼らの身元が判明したのは、逃走中にたまたま身分証明書が残されていたからのようです」

 今回のパリの同時多発テロ事件でも、自爆テロ犯らの遺体の近くからシリアとエジプトのパスポートが見つかったと報道されています。なぜ、毎度毎度、手際よく犯人のパスポートが見つかるのでしょうか?

 これからテロで大勢を殺そうとする人が、パスポートなど持ち歩くでしょうか?

 逃走を考えているなら、無駄な証拠を残さないために、身分証などもちろんのこと、自宅の鍵すらも身につけて事に臨むのは不自然だと思われるのですが・・・

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

なんか手際が良すぎる気がしますが、そういうもんなんですかね?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-政治経済
-

Copyright© 健康になるためのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.