”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ

【超独裁的】外務省が「戦争被害を語りアジアに平和をつくる集会」に参加予定だった中国人12人にビザ発給せず!!

投稿日:

CUzP66vVEAACkyO

スポンサーリンク

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201511/CK2015112802000140.html
 東京都内で二十七日に始まった中国と韓国の戦争被害者や遺族らが証言するシンポジウムに参加予定だった中国人十二人が、外務省にビザ申請を却下されていた。韓国側証言者は参加した。主催した市民団体「アジアと日本の連帯実行委員会」は同様のシンポジウムを二〇〇五年から毎年開催してきたが、海外からの参加者にビザが発給されなかったのは初めてという。

シンポジウムの名称は「戦争法の廃止を求め 侵略と植民地支配の歴史を直視し アジアに平和をつくる集い」。

二十七日午後に東京・永田町の衆議院第一議員会館で開かれたシンポジウムでは、藤田氏が「これまで参加が認められていた参加者まで拒否された。政府の判断は露骨な言論弾圧だ」と批判した。

過去にシンポジウムに招いた時は四、五日で出ていたビザがなかなか発給されないため、大使館側に問い合わせたところ、「調査中」と回答された。二十日以降は「外務省の指示待ち」となり、二十五日に「今回は発給しない」と伝えられたという。外務省外国人課は「個別の判断理由は答えられないが、却下した理由に、シンポジウムの趣旨への政治的な判断は一切ない」としている。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

ミス・カナダの入国を拒否する中国と一体何が違うのでしょうか?国会ではまともに答弁しない・臨時国会を開かない・集会には参加させないと言う言論軽視・弾圧は独裁国家のやり方じゃないのでしょうか?普段強権的な中国政府を散々叩いているネトウヨは、さっさとこのおかしな政権を叩くべきでしょう。

それにしても、恐ろしい事態です。ネット上だけではなく、リアルでもシェアしていいレベルの問題だと思います。さすがにこの事態を告げれば、いくら鈍感な人たちでも「なんかおかしい」ぐらいには気がつくはずです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-政治経済
-

Copyright© 健康になるためのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.